スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヌコウジュ、キツリフネを見た! ナナフシモドキ、ミヤマカラスアゲハを発見!

  守義の林道で見た植物や昆虫をご紹介しています。

  下は、イヌコウジュの花を写した写真です。ぼくは初めてイヌコウジュを見ました。始めはまったく分からなかったのですが、手で茎を触ってみて、堅い四角の茎だったので、シソ科の植物だろうと見当を付けて図鑑を調べたのです。そうしたら、イヌコウジュであることがわ分かりました。そういえば、シソのような花のつき方をしていますね。淡紫色の花がきれいです。


イヌコウジュがいっぱい

イヌコウジュの花

  びっくりしたのは、キツリフネの花を見たことです。花の色がピンクのフリフネソウはわが家の庭にも咲いているのですが、近縁種のキツリフネは、黄色の花を咲かせる、めったに見られない希少な種です。戸隠高原で見て感激したことを思い出します。それがこんなに身近にあるなんて、と驚いたのです。写真は直射日光が当たるところだったのでハレイションを起こしてしまって、細部がよく分かりませんね。

キツリフネが咲いていた

  林道には、タマアジサイの他に、ヤマアジサイもたくさん咲いていました(下の写真)。

ヤマアジサイがたくさん


  今度は、昆虫をご紹介しましょう。下は、ナナフシモドキです。略してナナフシと言いますね。カマキリのような細長い昆虫で、手足が長く細長い胴体をしています。胴体の部分に七つの節があるので、ナナフシと呼ばれたと聞いています。めったに見られない、珍しい昆虫です。出会えて、感激!!


ナナフシモドキがいた


  もう一つ感激したのは、ブルーに輝く美しいチョウと出会ったことです。同定は難しいのですが、ぼくの図鑑で一番近いのは、ミヤマカラスアゲハです。黒地に深いブルーに輝く羽、後羽の赤い斑点が、とてもよく目立ちますし、美しいです。道路に止まったところを写したのですが、なかなか羽を開いてくれません。そのため、同定が難しいわけです。ぼくが知る限り、作手では初めて出会うチョウです。それほど珍しい種なのでしょう。

ミヤマカラスアゲハがきれい

  下は、ジャノメチョウの仲間であることは確かですが、ぼくの図鑑ではぴったりと蛇の目の形が合う種はありませんでした。よく見かける種です。

ジャノメチョウの仲間


  下は、なにやら気持ちが悪い昆虫ですね。図鑑を調べてみましたが、該当する種が見つかりませんでした。と書きましたが、読者からヘビトンボだと教えていただきました。そして、「ヘビトンボですね 。体長は4~5cmじゃなかったですか? この季節 自宅周辺でも見かけますが捕まえると咬み付いてきます。 清流で過ごす幼虫は 佃煮にして食せますよ♪ 」とのコメントをいただきました。ありがとうございます。でも、ちょっと食べる気にはなりませんね。

なんという昆虫?

  守義からの帰りに、菅沼で山の斜面にヤマユリが咲いていてきれいでした。

ヤマユリが咲いた

  川沿いの道を行くと、ウバユリが何本か咲いていました。背がたかく直立していて、その頂上に花がつきます。他のユリの仲間とだいぶ違いますが、花はやはりラッパ状できれいです。

ウバユリが1

ウバユリが2

  守義の林道では、意外にも珍しい植物や昆虫とたくさん出会いました。感激です。



スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは
気持ちの悪い虫ですが ヘビトンボですね
体長は4~5cmじゃなかったですか?

この季節 自宅周辺でも見かけますが捕まえると咬み付いてきます。
清流で過ごす幼虫は 佃煮にして食せますよ♪
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。