FC2ブログ

裸足の効用! 長命湿地への散歩道で、花をつけ、実をつけた植物たち! ヤブデマリの赤い実が!

  一昨日は、早朝から長命湿地や長ノ山湿原に向かう散歩道を歩きました。
  ところで、友人に、「裸足で歩くと足裏が強くなって、とても健康に良いんですよ」と言われて久しいのですが、初めてその気になって、裸足で歩いてみました。家の前の田んぼの中の道は砂利道。砕石なので足裏が痛くて悲鳴を上げながら、約100m歩きました。あまりに痛いので、草を踏むように歩きました。そのほうが楽なのですが、うっかりワルナスビを踏んでしまいました。しまった! ワルナスビはトゲがあるのでとても痛いのです。それからは注意して歩きました。
  さらに1kmくらい、舗装道路を歩いたのです。舗装道路ならたいして痛くないように見えますが、アスファルト舗装には細かい砂利が入っていて、かなりいたいのです。角張った砂利が散らばっているところは、とても痛くて歩けません。石をよけながら選んで歩くので、普段の3倍くらい遅く歩く羽目になってしまいました。1kmほど行ったら、雨が降ってきたので急いで靴を履き、帰ろうとしたした。しかし、すぐに止んでしまいましたので、そのまま長命湿地を目指して歩いた、と言うわけです。その間に見た植物たちをご紹介しますね。


開いたオオマツヨイグサ

  上は、オオマツヨイグサです。別名ヨイマチグサ。今はどこにも咲いている花ですね。なぜこの写真を撮ったのか、いぶかる人もいると思います。オオマツヨイグサはヨイマチグサと言われるように、夕方(宵)になって花を開くのです。昼間に写真を撮ろうとすると、花が開いていませんので、よい写真が取れないのですね。早朝でしたので、花が開いていたから良い写真が撮れた、というわけです。きれいですね。
  散歩道の道沿いに、下の写真のノギランがかなりたくさん咲いているのが見られました。意外と多いのに驚いています。


ノギランがいっぱい

  下の写真のように、オカトラノオも咲いていました。

オカトラノオがきれい

  春にたくさん花が咲いたエゴノキに、1cmくらいの緑色の実が鈴なりになっています。驚くべき数ですね。

エゴノキにいっぱいの実

  今は、リョウブの花盛りです。真っ白の花がきれいです。粒のように見えるのがつぼみで、綿のようになっているところが花です。

リョウブの花がきれい1

  花をアップすると、下の写真のようです。綿のように見えた部分には、赤い色のめしべ?がついています。それがきれいなのですね。

リョウブの花がきれい2

  ムラサキシキブの花が咲いていました。淡いピンク色の花がきれいですね。

ムラサキシキブノ花が咲いた

  驚いたことに、ヤブデマリの実が赤くなってきました。きれいなのです。紅くなるのは秋だと思っていたのですが、夏なのですね。秋には赤黒い色になるのでした。

ヤブデマリに赤い実が1

ヤブデマリに赤い実が2

  アップしたのが下の写真ですが、色鮮やかですね。やや楕円形をしていて、先が突き出ています。これまであまりよく見ていなかったので、こんな形には気がつきませんでした。

ヤブデマリに赤い実が3

  この続きは、次回にしましょう。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード