スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面ノ木湿地の植物たち、カキラン、ミズチドリ、オオバギボウシなど!

  面ノ木園地の植物たちをご紹介していますが、今度は湿地の植物たちです。
  ノハナショウブはまだ残っていました。いたるところにその残骸があります。最盛期は湿地の前面に広がっていたことでしょう。想像するだけで興奮しますね。


ノハナショウブが咲いていた1

  お目当ては、カキランです。去年、その美しさに魅了されたからです。しかし、すでに最盛期を過ぎていました。個体数も少ないですし、花も終わっているものが多かったのです。しかし、まだ咲いていた花を写しましたが、黄色い小さな花が幻想的です。。

カキランがきれい1

カキランがきれい2

  もうひとつのお目当ては、下の写真のミズチドリです。しかし、これも最盛期を過ぎていたようです。去年ここで見たときには、その美しさに感動したことを覚えています。まだしおれていない花を写しました。清楚で優雅な花ですね。

ミズチドリがきれい

  下は、オオバギボウシではないかと思います。ギボウシ類も種類が多くて、見分けるのが難しいです。葉がそれほど大きくなかったのでコバギボウシかもしれませんが、図鑑によればコバギボウシは花が紫色なのです。まだ咲き始めたばかり、という感じでした。真っ白の花がきれいですね。

オオバギボウシが

オオバギボウシが2

  下はヌマトラノオだと思います。

ヌマトラノオが

  ここまで紹介した幾つかの植物は、湿地にしか生息しない種です。以下は、湿地以外にも生息する珍しい植物を紹介します。
  下は、フタリシズカです。あまり見られない植物ですね。ここでは群生しています。

フタリシズカが

  下は、ツチアケビを写しました。これも珍しい植物で、腐食物をエネルギーにして生息する植物、腐生植物です。去年は3株くらいでしたが、今年は増えたようです。

増えたツチアケビ

  下は、ノギランを写しました。根生葉からすう10cm茎が伸び、その先に花目を付けています。必ずしも湿地だけではありませんが、湿った土壌を好むようです。花は、ほとんど咲いていません。

咲いたノギラン

  その花の部分を拡大したのが、下の写真です。茎に上のほうはつぼみで、茎の一番下の白い部分が咲いた花です。先端にオレンジ色のおしべのようなものを付けていて、全部咲いたらさぞかしきれいでしょう。

咲き始めのノギラン





スポンサーサイト

コメント

No title

森楽さん こんにちは!

天気予報を見ると、明日は一日中 晴れのようです。
その後は、また 数日 曇です。
それで、明日 知人と 長ノ山湿原へ行こうと思います。
お目にかかりたかったのですが、確か 7/30 7/31はお留守だったですね。
また 時々 作手にお邪魔する機会があると思います。
その時 よろしくお願いします!
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。