スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい椅子を作った! 庄の沢湿地はノハナショウブでいっぱい!

   暑いですね! これは、これからは禁句かもしれませんね。
  この暑い中、連れ合いに許可されて、椅子を作りました。というのは、岡崎の家で使っていた自作の椅子が、くたびれてきて使えなくなったのです。連れ合いによると、ぼくは皆さんが来てくれると嬉しくなって、体を前後に揺すらせて話をするそうで、そのために椅子のねじが緩んでがたがたになってしまうのだそうです。作手の我が家では僕が作った家具でいっぱいなので、もう作ってもらっては困る、と言われてきたのです。連れ合いに「許可を得て」というのは」そういうことです。

新しい椅子1

  わずか二日間で作ってしまいました。上と下の写真の椅子です。それなりに作ったのとは別の、工夫を凝らした椅子を作りました。先ずは、これまでのゴツイ重い感じのものから重量をこれまでのよりはずっと減らすことです。もうひとつは、前後の揺すっても崩れないように、底をロッキングチェアーのように船形にすることです。これが一番難しいのです。テーブルの上に乗せて動かすと、まだガタガタしますので、さらに底を削って調整をしていかなければなりません。下にゴムを付ける予定ですが、ガタガタするのはいつもそんなものです。
  上と下の写真は、塗料を塗り終わったところを写しました。塗装も、なかなか難しいのですよ。岡崎の我が家で活躍するのを期待しています。


新しい椅子2

  暑くなって、ゴーヤ農家のMさんからいただいたゴーヤの苗がだいぶ成長して来ました。下の写真の左手のゴーヤはよく育っているのですが、右の竹のそばのゴーヤの苗は細くてあまり育っていません。なぜかと考えてみたら、その上に成長しているカツラの木が大きく育って、その枝が日照をさえぎっていたのです。

ゴーヤの苗

   そこで、暑いさなかですが、高い上のカツラの枝を大幅に切りました。厚い最中でしたが、高い脚立の上に乗って数本の枝を切りました。これで日照も改善されると思います。草木にとって、日照はものすごく大事なのですね。

枝を払ったカツラ

  数日前から、庭のアカメガシワに黄色い花が咲きました。今はよく目立ちますね。これからは花が下に落ちて、下の置いてあるテーブルが黄色一色になるのです。昔落ちた種がいたるところに実生から発芽したアカメガシワが育っています。

アカメガシワの花

  今日は、ブログの材料が乏しくなって、庄の沢湿地に行ってきました。ノハナショウブが真っ盛りでした。下は、最初の池で出会ったヒルムシロとオニスゲです。オニスゲは長命湿地にとても繁茂しいているのですが、ここではわずかしかありませんでした。

ヒルムシロとオニスゲ

  びっくりしたのは、ノハナショウブが一面にたくさん咲いていたことです。下の写真のように、紫色のノハナショウブが点々と咲いている風情はじつに美しいです。下の幾つかの写真で、その広がりが分かるでしょうか。写真では表現し得ない広がりをもって、ノハナショウブが咲いているのです。感動です!

庄の沢湿地のノハナショウブ1

庄の沢湿地のノハナショウブ2

庄の沢湿地のノハナショウブ4

  ノハナショウブの花をアップして写しました。本当に美しい花ですね。今回始めて気がついたことですが、花の中心部に三本の直立した花弁が出ているのですね。それがとりわけ美しいです。

庄の沢湿地のノハナショウブ5  

  その他にも、庄の沢湿地ではいろいろの植物や昆虫に出会いました。それが次回にしましょう。




スポンサーサイト

コメント

すてきな椅子!

すてきな椅子!
嬉しくてユラユラはよいことです♪
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。