スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに二つ、長命湿地にモリアオガエルの卵塊!

  長命湿地に、さらにモリアオガエルの卵塊が二つみつかりました。合計8個です。下の写真は、新鮮な卵塊であることが分かりますが、前に生みつけられたものは色が変わっていたら、形が崩れてしまいました。おそらくたくさんおたまじゃくしに孵って水辺に落ちたと思われます。

長命湿地の卵塊

  浅い池の中に、たくさんの大型のおたまじゃくしが泳いでいました。おそらく、モリアオガエルのおたまじゃくしだろうと思います。おたまじゃくだけから種の判定を行うことはかなり難しいようです。

おたまじゃくし1

おたまじゃくし2

  オニスゲが群生していました。専門家のOさんによると、オニスゲが生息する湿地が少なくなってきており、こんなにたくさんのオニスゲが群生するところは珍しいとのことです。長命湿地の特徴ある植物として、大切に守っていかなければなりませんね。

群生するオニスゲ

  下は、ホソバノヨツバムグラです。花はこれからですが、小さな小さな白い花がつきます。束生する四枚の葉がきれいですね。

ホソバノヨツバムグラ

  倒木にシメジのようなきのこがたくさんついていました。ハタケシメジというのではなかったかなあ、と思うのですが、確かではありません。食べられそうですね。

ハタケシメジ?

  Hさんの雑木林で、イチヤクソウが開花したところを写させていただきました。丸いつぼみもかわいいのですが、開花するととてもきれいな花であることが分かります。

イチヤクソウ全体

イチヤクソウ開花


  岡崎にでかける用事があり、車に載っているとき、連れ合いが「止まって!!」と大声を上げました。杉に木に白い花が巻きついているのです(下の写真)。ツルアジサイです。面ノ木園地に行ったときに初めて見た種ですが、ここにもあったのです。意外と広く分布しているのですね。と書いたのですが、読者から、「間違いなくイワガラミですね! 装飾花が3~4枚で丸みを帯びているのがツルアジサイで、 装飾花が1枚でハートの変形のようなのはイワガラミです。 樹木図鑑にはイワガラミは長さ7~10メートル、ツルアジサイは 10~20メートル、ツルアジサイのほうが高く伸びると書いて ありましたが、近所のを見に行きましたら15メートルは軽く超えて いるものがいくつもありました。」とのことです。訂正いたします。

木に登るツルアジサイ

ツルアジサイの開花

  コマツナギのたくさん咲いていました。道路の切りとおしの崖に、一面に咲いていたのです。群生することが知っていましたが、こんなに広い面積の斜面に前面に咲いているなんて、しょうしょうびっくりしました。ピンクの花が素敵です。馬の手綱を結んでおいても大丈夫なほど、丈夫な樹木なのでこの名がついたと言います。

コマツナギの開花

コマツナギの開花2




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。