スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東栄町、大千瀬川のカワサツキは美しい!

   水窪ダムの帰りだったか、佐久間ダムの帰りだったか、谷の向こう側に白い花房をたらした大きな木がありました(下)。見たことのない樹木です。どなたか教えてください。

何の花でしょう?

  佐久間ダムの帰りは、水窪から山の中を通る道を走りました。それは、ちょうど中央構造線の断層谷のところを通っている道路です。中央構造線は、西南日本を真っ二つに切る大断層で、この地方では豊川の河谷を通って天竜川沿いに走ります。断層沿いが侵食されやすく、直線状の谷が連続しているのです。その峠に、断層谷の看板が立っていました。風景の説明が分かりやすいですね。

中央構造線断層谷

断層谷看板

  さて、そこからの帰りは、東栄町を流れる大千瀬に沿う国道を走りました。大千瀬川は良い川です。渓谷の風景がすばらしいのです。国道としては狭いところが多いのですが、所々でとまって写真を写しました。その中流の谷の岸壁に、赤い花が咲いていたのです。カワサツキです。この季節に咲くとは知らなかったので、ラッキーな思いになりました。

カワサツキ1

  カワサツキは、園芸種のたくさんあるサツキの原種なのです。栽培種のサツキは色とりどりですが、皆これを元に改良されたものです。そして、三河山地や奥三河、天竜川流域にしか生息しないのです。しかも、渓流沿いの岩場という過酷な環境に生育しているのです。洪水のときには絶えず水をかぶるようなところに、好んでへばりついて生きていくなんて、それだけでもすごいことです。水しぶきを上げて流れる渓流の岩場に、あるいは穏やかに流れる岸辺に咲いている風情が美しいですね。

カワサツキ2

  下のような岸壁に、たくさんの赤い花が咲いていました。

カワサツキ3

  近寄れないので、遠くから望遠で写しました。ほんのわずかな岩のへこみの土にへばりついて生きているのですね。。

カワサツキ4

  大千瀬川は渓流釣りの名所。釣人がさおをかざしている風景もまた、美しいですね。

大千瀬川に釣り人

  帰り道に東栄町を選んだのは、町営の日帰り温泉があるからなのです。東栄温泉です。とても泉質がよい温泉で、これまでに何度もきています。ところが、その日は水曜日で、お休みだったのです! 残念!! どうもついていないようです。飯田線の電車に乗る予定がダメ、東栄温泉もダメ、一日中車を運転なんて!!!
  仕方なく、どこも振られたまま、一路我が家へ。途中、四谷の千枚田のところを通りました。これまでに何度もご紹介していますね。稲が植えられた千枚田は相変わらず美しい風景を楽しませてくれました。

 
四谷の千枚田




スポンサーサイト

コメント

画像の花

ニセアカシアではないかと思います。
あまい香りがして、天ぷらにして食べられます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

僕も始めはニセアカシアではないかと思ったのですが、ニセアカシアは葉が羽状複葉ですね。これは明らかに違いますので、別物だと思ったのです。いかがでしょうか。

No title

http://shinrin.cool.ne.jp/sub275.html

大葉麻殻オオバアサガラ のようでしょうか?
↑のURLで見てみて下さい。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。