スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR飯田線に乗りたくて東栄町へ!

   わが家の最寄の駅は、JRの飯田線の新城駅です。息子たちの来訪のときには、そこに迎えにいきますので、しばしば行くのですが、飯田線の奥三河方面には乗ったことがありません。飯田線はローカル列車で、山の中を走るため川と山の景色がすばらしいと、宣伝パンフレットには載っていたので、一度乗ってみたいと思っていました。
  ところが、新城駅近くには無料の駐車場がないのです。高いお金を払ってまで乗ってみたいとは思いませんでしたが、ある人から東栄駅では無料駐車場があると聞いたので、そこから電車に乗ることを予定して出かけました。車で1時間ほどです。

  途中で休憩したところが何箇所かありましたが、そこで見た自然をご紹介しましょう。下は、何というチョウか分かりません。僕の持っている図鑑には載っていなかったのです。とてもきれいなチョウです。黒地に白で、Mの字のような模様が素敵です。

分かりません!

  途中の山の斜面に、マタタビの葉が半化粧をして白くなっている光景がいたるところにありました。普段は気がつきませんでしたが、ずいぶんたくさん生えているのですね。マタタビはツル植物、いろいろの樹木に絡みついて登りますので、高い木にも白い半化粧をした葉がとてもよく目立つのです。何で半化粧をするのでしょうか。

マタタビの半化粧

  ある村で面白い光景を見ました。下は、ありふれた防火用水なのですが、驚いたことにその上にかぶさっている竹に、モリアオガエルの卵塊が三つもついていたのです。見にくいですが、よく見ると見えるはずです。モリアオガエルは絶滅危惧種。長の山湿原の奥の池や長命湿地のような、人里離れた山奥に住んでいるとばかり思っていたから驚いたのです。防火用水の水面に卵を産み落とすなんて、面白いのですね。

防火用水上の卵塊

  防火用水の前には、下の写真のように石仏がたくさん並んでいました。

並ぶ石仏

  また別の場所で、ハグロトンボを見ました。きれいなトンボですね。

ハグロトンボ

  これが飯田線の東栄駅の駅舎です。なかなか格好のよい、モダンな駅舎ですね。もちろん無人駅です。こちらに来て、ローカル線は駅員がいない無人駅が多いのです。無料の駐車場に車を止めて駅の時刻表を見てびっくり!! 次の電車が来るまで、何と2時間ほど待たなければならないのです。2時間とは、都会育ちのぼくらにとっては思いもしない待ち時間です。目的地は「水窪」。車で行っても1時間もかかりません。それなら車で走ったほうがよい、と車で走ることにしました。

東栄駅

  駅前には、大変立派な東栄町の観光案内の建物がありました。そうなのです! 東栄町は花祭りで有名なところです。何度か、鬼の面をかぶって踊る花祭りを見るために、夜明けまで祭り見物をしたことがあります。とても素朴な祭りでした。

東栄町観光案内

  そこから水窪に行く道中、静岡県側の国道を走りましたが、その間に何度かとまっては自然の写真を撮りました。
  下は、道端に生えていたホタルブクロです。群生していたところもありました。


ホタルブクロ2

  あるところで、ノアザミにモンシロチョウが止まっているところを写しました。絵になりますね。

ノアザミにモンシロチョウ

     国道沿いの崖が、下の写真のように花で真っ白になったところがありました。花だけをアップしたのが、その下の写真です。ぼくは見たことがない花です。ツル植物のようで、5枚の白い花弁が面白い形をしている特長的な花ですので、図鑑で調べれば分かると思ったのですが、どうしても見つかりません。どなたか教えてください。と書きましたが、図鑑を調べているうちに、テイカカズラであることが分かりました。分かってみると各地に広く分布する植物であることが分かりました。

白い花?

白い花?2




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。