スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河湖の南岸は自然が豊かなところです! タニウツギ、ヤブウツギがきれい!

  三河湖の南側の道沿いに、県の公園がありますが、そこの植物たちをご紹介してきましたが、その最終回です。
  そこには、ウツギ類の花が何種類か咲いていました。個体数も多いので目を楽しませてくれました。下は、タニウツギだと思います。ラッパ状に開いたピンクの花がきれいです。


タニウツギ3

タニウツギ6

  ウツギ類も判別は難しいのですが、下はハコネウツギだろうと思います。はじめはピンク色の花が多いのですが、次第に白に変わっていくのだそうです。そういう花も珍しいですね。

シロバナウツギ

ハコネウツギ

  下は、シロバナウツギだろうと思います。真っ白の花がきれいです。

シロバナウツギ4

  下は、ヤブウツギの花です。その下は、花のアップです。美しいですね。ヤブウツギは作手にも多く咲いていて知っていたのですが、その他のウツギ類はまったくはじめた見た花です。

ヤブウツギ4

ヤブウツギ5

  三河湖をバックに、ヤブウツギが咲いている風景を移しました。ちょっとした絵になりますね。

三河湖とヤブウツギ

  下は、ヤシャブシです。白い花を付けますが、花はもう終わり、実がついています。今年の実は緑色ですが、年を越した実は黒いのです。

ヤシャブシ4

  谷の下のほうからホウノキが生えていて、上から葉を見下ろしたところです。下から見上げることが多いので、上から見るホウノキも面白いですね。大きな葉は見事ですね。

上から見たホウノキ

  下のほうに降りていく遊歩道があって、その道沿いに植えられていたのが、下の写真の植物です。落葉低木なのですが、その幹には硬くて幅広い翼がついているのです。それだけでも変わった植物ですね。どこかで見たことはあるのですが、名前は分かりません。黄色い小さな花が咲いていました。と書いたのですが、読者からニシキギではないか、と教えていただきました。ネットで調べたところ、その通りでした。こう書いてありました。『枝に「翼(よく)」と呼ばれるコルク質の羽が付くのが特長で、類似種のコマユミとも羽があるかないかで簡単に区別できます(コマユミの枝には羽が付かない)。枝に付いた羽の部分を弓矢の羽(矢筈)に例えてヤハズニシキギという別名があります。』

分からない

  ここの植物は種類が豊富で、とても自然が豊かなところですね。前にきたときは秋で、紅葉がとてもきれいでした。何度も来てみたいところだと思いました。






スポンサーサイト

コメント

No title

ニシキギじゃあないかしら。

No title

ニシキギを教えてくださり、ありがとうございます。昔見たことがあったのですが、思い出せませんでした。これでしっかりと頭に刻み込まれました。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。