スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつもの散歩道」の生き物たち、イモリ、コミスジ、カザグルマのつぼみ!

  「いつもの散歩道」(開成地区への道)を歩きました。いろいろの生き物に出会えました。

  下は、キンランです。分かりにくいですが、中央に立っている植物で、頂上に黄色い花がついています。嬉しいです! 名前は聞いていましたが、初めて出会った花です。



トンボソウ1

トンボソウ2

  いましたよ! ニホンイモリです。可愛いですね!

ニホンイモリ

  ニガナが群生していました。茎や葉を切ると、苦味のある乳液が出るところからこの名がついたそうです。

ニガナ群生

  下は、ニガナに似ているのですが、明らかに違いますね。種名は分かりません。

ボロギク?

  いつもカザグルマが咲いているところに行ったら、つぼみが二つ出ていました。大輪の真っ白い花がきれいなのです。

カザグルマ1

  またすぐ近くを見たら、したの写真のようにつぼみがたくさん見つかりました。見えるだけで13個もあります。もうじき咲くでしょうが、10個以上咲いたら見事でしょうね。ぜひ見にきたいです。

カザグルマ2

  下はコミスジです。ミズジチョウとよく似ていますが、コミスジは体長が3cm以下で、小ぶりです。わが庭でもよく飛んでいるのを見かけます。

コミスジ

  なんときれいな花でしょうか! 色が美しいですね。名前は分かりません。

??????




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。