スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草花・樹木の芽吹きの季節です。作手にもようやく新緑が!

  ナナヘンゲという名の紅葉の苗木を買って庭に植えておいたのですが、だいぶ大きくなりました。七変化という名の通り、一年のうちに色が七色に変わるというので買ったのです。ちょうど芽を出したところで、それがとてもきれいです。

七変化

  下は、2月の真冬に花を付けたマンサクに、新芽が出始めました。花が咲いてから何ヶ月もたってから葉が出るなんて、変わっていますね。

マンサクの新芽

  連休にきた息子たちと孫と一緒に、長命湿地の脇のポニーのいる牧場に行きました。ポニーたちは元気に育っていました。2年前に生まれたばかりだった幼い赤ちゃん馬が母親とほとんど変わらないくらいに大きくなっていました。黒が子ども、茶色にしろが母親です。

ポニー2

  われわれが行くと、遠くにいたポニーたちが駆け寄ってくるのです。可愛いですね。

ポニー1 

ポニー3 

  近くに生えていた雑草の花を写しました。下は、ヒメオドリコソウです。見れば見るほど美しいですね。ここの花はとくに色合いが鮮やかです。ピンクの飛び出した花が可愛いです。

ヒメオドリコソウ2

  下の三つの花は、名前はわかりません。でもとてもきれいな花です。

分かりません1

分かりません2

  下の花そのものはニガナのように思えるのですが、こんなにくっつきあっているのは別の種かもしれません。

分かりません3

  下はミズキです。ちょうど葉の上に花序がでて、もうじき白い花を咲かせるでしょう。そのときを楽しみにしています。

ミズキの花穂





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。