スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河の山をドライブ、トサミズキとの出会い! 

  木曜日は好天に恵まれましたので、再び三河の山をドライブをして歩きました。中心は、わが家から菅沼を通って、阿蔵から田之士里湿原へ、さらに神越渓谷を楽しみ、足助を経て段戸裏谷を行くコースです。
  
わが家の隣の果樹園には、プラムの花が満開になりました。
  花をアップすると、きれいですね。やはり桜の仲間ですね。花が桜によく似ています。

プラム満開2

 
  菅森小学校の前を通りました。校庭の縁に桜がたくさん植えられていますし、山にはヤマザクラが咲き始めています。美しい季節です。
菅盛り小学校の風景

  下は、菅沼にある津島神社のシダレザクラです。毎年この季節にたずねて、このブログに載せていることをご存知だったでしょうか。見事な枝振りです。神社の鳥居が見えていますので、ヤマザクラは15m以上の高さはあるでしょう。何度見ても感動しますね。

津島神社のシダレザクラ

津島神社の桜

  すぐ近くの川沿いにあるヤマザクラもきれいでした。真ん中にソメイヨシノが混じっているのでしょうか。

ヤマザクラの景色

  下は、神社の対岸にある集落を映しました。大きなお宅の前に、たくさんの大きな鯉のぼりが風を受けてたなびいていました。のどかな光景ですね。

菅沼の里山風景

  今回、田乃士里湿原から神越渓谷の道を選んだのは、去年Hさん夫妻に三河山地の名所を案内していただき、そこでトサミズキというとてもきれいな花を見たことを思い出し、それを見たかったからです。田之尻湿原に至る前に、沿道にたくさんのトサミズキの花が咲いていたのにはびっくりしました。したの写真の黄色はみなトサミズキです。
沿道のトサミズキ

  花をアップしたのが、下の写真です。トサミズキの花は、10個くらいの小さな黄色い花が、垂れ下がるようについているのです。花そのものはウリカエデの花によく似ていますが、ウリカエデはつねに花の上に葉がついているのです。また、遠目にはキブシにも似ていますが、キブシは花が真下にまっすぐに並んでいます。

トサミズキ1

  トサミズキは落葉低木ですが、高さは6~7mくらいにもなります。葉よりも先に花を付けますので、暗い山の中に咲くと一面に黄色の星が輝くように見えます。不思議な形をした花ですね。

トサミズキ2

  

  もうひとつ今回のドライブで見つけたのが、下のムシカリです。別名オオカメノキと言います。ボクはオオカメノキは知っていたのですが、正式にはムシカリということは知りませんでした。ちょうど花が満開のときで、出会えたのはラッキーでした。枝先に先ず二枚の葉が反り返って、その上に白い花を咲かせるのです。はじめはガマズミの花と似ているのでそれではないかと思いましたが、ガマズミは夏に半を咲かせますので違います。図鑑で調べているうちにムシカリと分かりました。

ムシカリ1

ムシカリ2

  この続きは、次回としましょう。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。