スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hさんの雑木林でナメコの菌打ちを!ゴジュウカラを始めて拝見!

  火曜日は、Hさんに招かれてナメコの菌打ちをしました。Hさんの親しい友人の夫妻と一緒に仲間に入れていただき、わいわいやりながらの楽しい菌打ちでした。集まる時間の少し前に行ったら、相変わらずヤマガラやシジュウカラが餌台に飛び交うのです。チーチー、チーチーと賑やかなこと! そして可愛いのです。黄色い糸は、カラスやヒヨドリなど大型の鳥がやってこないようにするために張り巡らしたものです。これが一番効果があるとのことです。

Hさん宅のヤマガラ

Hさん宅のヤマガラ2


  さていよいよ皆が集まってきて、ナメコの菌打ちです。ホダ木は、Hさん宅の雑木林の奥のほうに生えていたイヌツゲです。ナメコはサクラが 良いと聞いていますが、いろいろの種類の雑木も菌が繁殖するといわれます。しいたけは、コナラまたはクヌギと決まっていますが、ナメコはいろいろの種類に適応します。一昨年もやはりHさん宅で菌打ちをしたときも、イヌツゲでしたので、今家にあるホダ木もイヌツゲです。雑木林でアセビ やイヌツゲは常緑なので、森を暗くする元凶なので、伐採したほうが良いのです。そこで、この日のために森のイヌツゲを伐採して置いてくださったのです。

ナメコの菌打ち1

  菌も農協から買っておいてくださり、人数分に分けておいてくれました。さらに、菌打ちには電動ドリルが必要ですが、それもHさん宅のものを用意してくださっていました。電池がなくなるので、さらに充電器まで用意してあったのです。というように、Hさんは本当に気配りが出来ており、まさにオンブにダッコでした。感謝!

ナメコの菌打ち2

ナメコの菌打ち3

 1時間ほどで菌打ちを終え、お宅の前のベンチに腰を下ろしてとりとめもない話を楽しんでいたのですが、ある人が高い樹木の枝を見上げて、大声を上げました。「何か変な鳥がいますね! コゲラかと思ったのですが、木の表面を下に向かった下りてきますので、ゴジュウカラではないかと思うのですが、・・・・」と興奮気味に話されました。Hさんからゴジュウカラがやってくると聞いてはいたのですが、見るのは初めてです。遠くですので望遠レンズで写しましたが、やはりあまりうまく写っていません。確かに、幹の上のほうから下のほうに向かって歩いたかと思うと、上に上ったり、幹の周りを歩いたりしています。コゲラやアオゲラなどのきつつきの類は、うえに上ることはあっても、下に下がることがしません。めったに見られない小鳥を見て、感動しました。、

ゴジュウカラ1

ゴジュウカラ2  

ゴジュウカラ3

  わが家に帰ってから、庭に木に掛けた小鳥の巣箱を掛けなおしました。もう2年も手を入れていません。シラカバにかけた巣箱は、裏を開けてみたら下の写真のような枯れ草が敷き詰められていました。前にスズメが営巣しかけたことがあったので、そのときの巣材がそのまま残っていたのでしょう。こういうものを毎年取り除けておかないと、あとにやってくる小鳥たちが巣箱を利用できなくなってしまうのですね。。

巣箱を裏返すと

  シラカバはあまりに道路に近いので、今度は少し内側のミズナラの木に掛けることにしました。ミズナラはだいぶ大きく成長してきましたので、・・・・。

巣箱移設

  カツラの木に掛けた巣箱は、屋根がぼろぼろになっていましたので、それを新しいのに取り替えました。そして、今よりももっと上の方に枝を切って掛けました。びっくりしたことに、新しい巣箱を掛けたとたんにシジュウカラのつがいがやってきて、中に入ったのです。これは手ごたえあり、ですね。

カツラの木の巣箱



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。