FC2ブログ

城山公園の散歩コース、川尻城址が風情があります!

  昨日も寒い日でした。雪がちらちらと降り、風も強く身を切る風が痛いほどです。東北関東大地震の被災地はさぞ大変だろうと創造して、苦しくなりますね。
  散歩に行ったのは、村の中心地の農協に車を止め、城山公園のコースを回ってきました。予定通り、徒歩約1時間で、とてもよい散歩道でした。城山公園というのは、中世の時代15世紀頃、この地方を治めていた奥平家の最初の城、川尻城址があったところです。後に亀山城址に転居しましたが、・・・・。

城山公園案内図

  この付近には、道端に石仏がたくさん立てられていました。作手地方は、この石仏が多いので知られているところです。非常の素朴な風情があっていいのです。昔から信仰心の厚い地方であったからでしょう。下の写真の石仏群のおくにある小さな建物は、村の人々が石仏を納めてある建物です。石仏の前にはいつも花が飾られており、村人の信仰心の厚さがしのばれます。

道端の石仏

  下は、中でも立派な石仏です。

道端の石仏2

  上っていくと頂上に、立派な忠魂碑が建っていました。そして、この村から出征した兵士たちの石碑がたくさん立っていました。この村からも、たくさんの兵士たちが戦争に狩り出されて行ったのですね。

忠魂碑

  その石碑の隣に生えているマツが、実に立派な枝ぶりで見事でした。

忠魂碑の黒松

  城山公園と名づけられているのは、14~15世紀の昔、この地方の支配者であった奥平家の城があったことに由来します。川尻城と言いました。後に移転して、別の場所に亀山城を作ったのです。ですから、ここも村の「歴史の小道」の立ち寄るべき場所に指定されているわけです。

川尻城址看板

  下の看板に、川尻城址の由来が書かれています。

川尻城址のいきさつ

  この公園には湿地があることを前にお話したことがあります。下の写真の右側には湿地があり、その下に小さな池があります。公園ですので人工的に管理されていて、自然の状態ではありませんが、湿地の植物群が見られます。いつかまたご紹介しましょう。

湿地の池

  公園の頂上付近から眺める村の景観が実に美しいのです。下の写真には、作手中学が写っています。なだらかな白い屋根の大きな建物が、作手中の体育館です。

公園からの風景

  役所や農協も見えます。村の中心部ですね。

公園からの風景2

  約1時間の散歩でしたが、歩いている間中、寒風が吹きすさびすごく寒かったのですが、帰ってくることには体中がほてって、汗が出るくらいでした。気持ちがいい!!



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード