FC2ブログ

長命湿地の近況と岡崎の春!

  毎日のリアルすぎる報道に、大震災のすごさに息を呑むようです。被災者には声をかけるのも気が引けます。ただただ、一日も早く普通の生活に戻ることを祈るだけです。福島原発の事故では、メルトダウンだけは避けたいものですね。最悪の事態です!  

  さて、散歩を始めてから2週間たちました。毎日欠かさずに散歩を続けています。その成果か? 少し体重が下がりました。体調も良いです。歩いていて、20分くらいすると、体が内側から温まり、確かに体の血液が循環し始めたことが、実感として感じます。でも、今が一番つらい時なのだろうと思います。毎日歩くことが普通になって、苦痛にらないといけないのだと思います。まだまだですね。
  いろいろなところを歩いていますが、写真が取れたところでブログを書くことにしています。今回は、長命湿地のその後です。長命湿地の入り口が大きく変わっていました。しばらくお会いしていないHさんが、前から言っていたように、長命湿地の入り口付近においてあった土砂をならして駐車場を広げたのです。Hさんは小型のユンボを持っていて、道も簡単に作ってしまうのです。すごいですね。


長命湿地入り口

  ポニーがいる牧場のほうに行ってみました。遠くから二頭のポニーが駆け足で近寄ってくるのです。何度も会って声をかけているので、親しみを感じているのだと思います。かわいいですね。

ポニーたち

  その奥のほうで、長命湿地の地主さんのHyさんが、大きなユンボで土地の造成を行っていました。この広い牧場を田んぼにするのだと言っておられたので、その作業だと思います。

田んぼ造成中

  牧場のほうから長命湿地を除いて見ました。高台から見るので、広く長命湿地を見渡すことが出来て良いのです。ヨシやススキがいっぱい生えていて、よく分かりませんね。

南から長命湿地


  さて、日曜日に岡崎に行ったら、わが家のとなりのぶどう畑がきれいでした。下の写真で赤く見えるのはホトケノザです。春に野原に一面に生える雑草ですが、これだけ群生するときれいですね。見にくいですが、赤のほかに、水色と白の色をした小さな花が見えます。まさにお花畑ですね。

隣のぶどう園

  ホトケノザをアップしたのが下の写真です。

ホトケノザ

  水色に見えていたのが、下のオオイヌノフグリです。これも、春に野原に一面に咲くありふれた草本なのですが、実に美しい花なのですね。薄い水色の花が、可憐です。

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリアップ

  下は、ナズナですね。別名ペンペングサです。これも春先に咲く、春の代名詞のような花です。群生しますので、とてもきれいです。

ナズナ

  わが家の庭にあるシダレザクラも、つぼみが大きく膨らんでいます。開花が間近に迫っていることを告げています。

シダレザクラつぼみ





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード