FC2ブログ

庄の沢散歩コースの続きです

  庄の沢湿地で見たものをアップするのを忘れていました。木道の上に落ちていたエビフライです。エビフライといっても分からないでしょうが、マツの新芽(松ぼっくり)は春のうちはやわらかいので、それをリスが好んで食べるのです。すると、下の写真のようになります。エビフライに似ているので、その名がついたというわけです。つまり、これが落ちているということは、この近くにはリスが住んでいる証拠となるわけです。

エビフライ

  さて、峠から下ると小さな集落に出会うのですが、そこには豪邸が建ち、さらに新しい豪邸が建築中でした。大きく立派なお屋敷なのです。外からのぞいていると、家の主人が出てこられてひとしきりおしゃべりをしました。
 「大きな家が建築中ですが、すごく大きいですね。」
 「そうやね、長男のために建てたのじゃ!」。

 「お宅の庭には、立派な石の置物がありますが、石がすきなのですね。」
 「ギャンブルにお金を使えばそれっきりだが、石はいつまでも残るで、ね。」。


建築中の豪邸

 「もうけた金は、家や石の置物に使ってしまうなあ。こんな動物は、孫に見せると喜ぶで、ね。一つ、ウン百万円くらいかな。」

石の動物

 「上の畑にあるパンダやキリンも、孫のために作らせたんじゃ。一つ百万円くらいもしたんじゃよ。」

石のパンダ

 「わしゃー、石が好きでな。家の中には水晶が一杯あるよ。全部で1千万円くらい使ったかなあ。」  というわけで、すごいお金持ちのお話を聞きました。お金は、あるところにはあるものですね。
  下は、庭に咲き始めたクロッカスです。ちょうどこの頃に咲く花なのですね。きれいです。



咲き始めたクロッカス

  わが家に戻ったら、庭のウメにわずか一輪のハクバイが咲き始めました。まさに春になったのですね。


梅一輪

  裏を覗いてみたら、シイタケのホダ木にシイタケが生っていました。まだ小さいですが、大きくなったものもあります。表の模様がきれいですね。下のほうまで数えると、10ヶくらい生っているかな。もう少し大きくなるまだ待っていることにしました。

シイタケ二つ

シイタケ一つ




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード