FC2ブログ

庭にきた小鳥たち! 薪運び完了! 庭木の手入れ開始!

  数日前のことです。裏庭に見たことがない鳥が枝に止まりました。家の中からすぐにカメラを取り出して写したのですが、下のように手前に生えているヒサカキの枝が邪魔をして姿を全部捉えることが出来ませんでした。しかし、それはハトくらいの大きさで、色とりです。羽の横にはブルーの鮮やかな色が目立ち、尻尾は黒です。ボクの知っている範囲からすると、カケスではないかと思います。動きがある野鳥を撮影するのは難しいですね。

カケス?

  次に来たのは下の写真の鳥です。これは、ヒヨドリでしょうね。

ヒヨドリ?

  下の写真も、早朝にウメの枝に止まったホオジロです。遠いので、シルエットになってしまいますが、腹のふくらみや色からホオジロであることが分かります。

枝上のホオジロ

  昨日写した小鳥は下の写真ですが、雪が残っている小さな畑にホオジロが舞い降りました。

雪の上のホオジロ

  また、昨日は一匹のジョウビタキが何度もやってくるのです。近くまで来ているのですが、なかなかシャッターチャンスがめぐってきません。かなり遠くの枝に止まったジョウビタキを写したのが下の写真です。きれいです。

枝の上のジョウビタキ

  ところで、昨日と一昨日は、寒波到来で北風が強く吹いていましたが、懸案の長命湿地南の木材を伐採したところでの薪の運び出しをしました。前に連れ合いがツタウルシにかぶれた話をしましたが、それから大分日時がたつのに、雪が降ったり風が強かったりしてなかなか取り掛かれませんでした。ようやく一昨日になって風が弱まり、丸太を輪切りにしたものを運んできました。今回は、チェンソーのチェーンがよく外れるのです。何度も農協の機会修理部門にお頼みして直してもらいました。チェンソーをなだめなだめしながらすべてを伐り、ようやく運び出すことが出来たのです。下の写真のように、山になりました。これから、それらを薪割り機にかけて薪にするわけですが、完成するのは大分時間がかかりそうです。

切り出した薪の山

  それから、前から庭木の手入れをしなければならないと思っていたのですが、金曜日からその作業にかかりました。なにしろこの11年間、ほとんど手入れらしいことをしたことがないので、枝が伸び放題になったいるのです。庭の真ん中にあるカツラの木が大きくなって、畑に光が当たらなくなってきています。大木に育てたかったのですが、多くの皆さんの意見で、「大きくなりすぎるとあとで困ったことが起きますよ!」と脅されていたのです。下の写真が、4本に株立ちしているところから、二本の枝を切ったところです。これで大分すっきりしてきました。

大枝を伐ったカツラ

  下は、同様にアカメガシワの大きな枝を切り落としたところを写しました。この10年間に、高さが6~7mていどに大きく成長しました。次回には、隣にあるネムノキを伐ろうと思っています。ネムノキは、特に広く枝を張るのですね。去年は、台風で大きな枝が折れました。それが危険であるので、切る必要がある、というわけです。

大枝を伐ったアカメガシワ

  さらに北側のフェンス脇には、カイヅカイブキが3本植えられています。それが大きくなって、背が3mにもなっていたのです。目隠しのつもりで植えましたので、大きくする必要はないわけです。フェンスの高さくらいに統一しようと思っています。ついでに枝を剪定しました。まだ2本が残っています。

剪定したカイヅカイブキ

  もうひとつは、北東の隅にビワが植えられていますが、それが大きくなってしまい、生ったビワを収穫できなくなってしまったのです。そこで大胆に枝を切って背を低くし、風を通すことにしました。それにはスイカズラのつるが茂っていますので、切った枝を取り出すのが大変だったのです。スイカズラの花はきれいでよいのですが、切り取るのにこんなに苦労するなんて思いもしませんでした。というわけで、まだ数本しか選定していないのに、庭はその枝が散乱して、足の踏み場もないくらいです。下の写真のように、・・・・。その片づけが、また大変になりそうです。

切り落としたビワの枝


  庭の植木を手入れするのも、その時期としては春になる前、1~2月のうちにやっておかないといけないからです。3月にはいると気温が高くなり、植物の活動が活発となりますので、活動を開始する前に手入れをしておくことが必要になるのですね。
  岡崎から帰ってきたら、作手は雪でした。その景色は、明日のブログで報告しますね。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード