スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年、明けましておめでとうございます! 一面の雪景色が!

  新年、明けましておめでとうございます。

  このブログも3年半も長く続きました。こんなに長く続いたことに驚いています。今年も、できるだけこの地方の自然をご紹介したいと願っていますが、よろしくお願いいたします。

   大晦日と正月元旦の日に、この地方は大雪に見舞われました。大雪といっても、2~4センチほど積もっただけですが、一面の雪景色に変化するのも美しいものです。したの三枚の写真は、大晦日の夕方に撮りました。

雪の里山

  いつも見慣れた景色ですが、雪をかぶるとまた風情がありますね。

雪と里山2

  夕方の夕焼けがきれいでした。果樹の枝にくっつく雪がきれいなのですね。

雪の夕焼け

  翌日、つまり正月元旦の朝、抜けるほど青い空になりました。わが家の庭の、真っ赤になったナンテンの実に雪がかかって、それは美しい絵になりましたよ。

雪とナンテン1


雪とナンテン2

  早朝の気温は、マイナス2~3℃。枝についた雪が凍って、実に美しいのです。下は、シラカバの木の雪景色です。

シラカバと雪

  下は、カツラの木の雪景色です。霧氷ではないのですが、きれいですね。

カツラと雪

  下は、アカメガシワの雪景色です。シラカバやカツラの木と違って、バックが青空ではないので、いまいち迫力がありませんね。

アカメガシワと雪

  わが家も、下の写真のように、雪をかぶりました。

雪と我が家

  この正月は、長男夫婦、次男夫婦と孫がきて、にぎやかでした。雪に降り込められて外には出られませんでしたが、楽しいときを過ごしました・いつもながら、家族がそろうのはうれしいものですね。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。