スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家の裏に置いてあったナメコのホダ木に大量のナメコガ!!

   ようやく風邪が抜けたようで、晴天もあって一日中庭仕事をしました。庭仕事といっても、デッキの前の棚の柱を取り替えること、前に出た大量の木材のごみを燃やすことなどです。棚の柱は二本は済んでいたのですが、あと二本が上に釣り下がっているトウガンに未練があるので、取りはずすことが出来なかったのです。その柱を交換して、棚は完成しました。立派な柱が立ち、筋交いも取り付けましたので、びくともしません。普段家の中から見ている庭ですが、壊れかかった温室も撤去され、棚も立派になって、すっきりした庭になりました。
  腐った丸太や壊した温室の廃材をほとんど燃やしました。数日前に大雨が降り、その雨ぬれた材木がまだ乾いていないので、なかなか燃えてくれません。また、太い丸太ですので、燃やすのにとても時間がかかりました。でも,すっきりしました!

焚き火

  夕方、まだ燃やすものがあるのではないかと水路沿いに行ったとき、驚きの声を上げました。かつて(2年前の3月)ナメコの菌を植えたホダ木に、ナメコがびっしりと付いていたのです。カンレイシャをかぶせておいたので中が見えにくく、今まで気がつかなかったのです。いつホダ木を植えたのか思い出せませんので、ブログの検索機能を使って、ナメコをキーワードに検索したら、ホダ木に菌を植えたのが09年3月18日と分かりました。つまり、2年半前ということです。懐かしいブログですね。
  合計10本のホダ木ですが、すべてのホダ木にびっしりとついているのですからすごいですね。感激して早速二本ほど取り出したあと、写真を撮っていないことに気づいて撮ったのが下の写真です。


ナメコがびっしり

  写真の奥の一列が傘の大きなナメコ、あとは適度の大きさです。ちょうど食べるのによい大きさで、ラッキーでした。むかし、シイタケがお化けのようになってから気がついたことをお話したことがありましたね。そういう意味で、ラッキーだったのです。

大きなナメコ

  上が大きい傘のナメコ、下が適度の大きさのナメコです。このようにびっしりときのこが付いている姿は格好良いですね。それに、栗色の色がきれいです。ナメコらしく、傘の表面にぬめりがあります。

小粒のナメコ

  袋に採ったナメコのすべてです。こんなに大量の収穫があるなんて、嬉しいですね。早速、夕食は鍋にして白菜などとともにナメコを煮て食べました。こんなにふんだんにナメコを入れた鍋料理など、食べたことがありません。心から秋の味覚を味わった、幸せな瞬間でした。

大量のナメコが

  数日前からの寒波到来のため、わが家も薪ストーブを燃やし始めました。朝起きると、10度を下回るほど寒いのです。このところの晴天で放射冷却が進んで、早朝は霜が下りています。桧皮葺の駐車場の屋根が真っ白になるのですぐに分かります。ストーブの薪は、これまでに十分に用意しました。朝夕、薪ストーブに火をつけるのが日課になりました。薪ストーブは暖かくていい!!。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。