FC2ブログ

長命湿地、サワギキョウもほぼ終わりました! アミタケがたくさん!

  また、風邪がぶり返してしまいました。この二三日、外に出られません。特に昨日は、寒波到来。今年初めて、薪ストーブを炊きました。昔は、二三日ゆっくりすれば、風邪などすぐに直ったのですが、歳ですかねえ!

  そこで、一週間ほど前に長命湿地に行って写した写真などをお見せしましょう。下は、サワギキョウですね。もうほとんど終わりかけていましたが、かろうじて残った一本の花を写真に収めました。本当に、いつ見ても美しい花ですね。


長命のサワギキョウ

  下は、ダンドボロギクだと思いますが、ベニバナボロギクの可能性もあります。判定が難しいです。花がはじけて、中の白い綿毛(種)が風で飛び散りますが、その様子がよく写されていますね。

ボロギク

   下は、ヨメナだろうと思います。最盛期からだいぶ過ぎているようで、真ん中の黄色い部分が変色しています。

ミヤコワスレ4?

  下は、ミズオトギリです。昨年も書いたのですが、濃い赤色のものは花のつぼみだろうと思うのですが、はっきりと開花したのを見たことがないのです。長命湿地にはたくさん分布しています。湿地の植物ですね。

長命ミズオトギリ

  秋なのでしょうか、湿地を歩いていると、紅く変色した草をたくさん見かけます。草本類の紅葉ですね。よく見ると、ミゾソバの葉が紅葉しているのです。きれいなものですね。ミゾソバの葉が紅葉するなんて、僕は知りませんでした。この写真の中には、イヌタデ(アカマンマ)の紅い穂もたくさん入っています。

ミゾソバの紅葉

  いつもの場所(中央部の畦道)に、アミタケがたくさん出ていました。傘のおもてがぬるぬるとし、裏は網のようになっているので、すぐに判別できます。おいしいきのこなので、しばしば食べています。たくさん採ってきて、煮物に入れたり、味噌汁に入れたりして食べているのですが、カリコリとした食感がよく、おいしいですよ。

採れたアミタケ

  Hさん宅のナラ枯れの話はすでにしましたが、その日は県の森林保全課の職員が来るというので、Hさん宅に呼ばれて、職員と話をしました。その話は後日ゆっくりと話そうと思っていますが、今日は、その話のあいだ中、ヤマガラがひっきりなしに餌台にやってきた写真を紹介します。下の写真のように、ひまわりの種を手のひらに乗せると、怖がらずにそのまま食べるのです。それほどなついたのですね。驚きました!!

Hさん宅のヤマガラ


  また元気になったら、長命湿地や他の地域の自然を撮りにフィールドに出たいと思います。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード