スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原温泉沼めぐり、緑沼に行くまでが大変な悪路!でも?

  いよいよこの旅の最後のハイライトです。高原温泉は本当に奥深い秘境です。これまで歩いたところの地図をお見せしていなかったので分かりにくかったかと思います。そこで、翌日、銀仙台に立ち寄ったときに大雪国立公園の立派な地形図が飾られていたので、高原温泉の奥深さをそれにもとづいて簡単に説明をしておきましょう。
  これまでに行ったのは、大雪山系の南西部の旭岳と天人峡ですが、それはそこから西に向かって流れる忠別川の上流部に当たります。大雪山系の東から北西に向かって流れるのが、石狩川です。
石狩川の中流部が層雲峡です。層雲峡から黒岳に上りましたが、そこはまさに大雪の最も北の山になるのです。石狩川の源流部が、銀泉台や高原温泉なのです。石狩岳という名前も上流のほうに見えますね。石狩川の源流部は比較的なだらかな高原状の地形で、標高は1200~1500mほどあります。東に大雪湖がありますが、そこから車で1時間半もかかってようやく高原温泉につき、さらに徒歩1時間もかかって最初の沼に着くというのですから、まさに秘境なのですね。それに熊も出るし・・・・。

大雪国立公園地形図

  下の地形図は、同じものを拡大して写しました。銀泉台は現在地となっているから分かりますね。高原温泉は、さらに南、石狩川支流のヤンベタップ川の源流部にあたります。この地形図は段彩していますので少しは分かりますが、白雲岳から南に伸びる尾根上に高嶺ヶ原、平岳などの名前の山が連なります。名前からして、高原の地形であることが分かります。その東側は急な崖になっています。
  実は、ここに大小の数多くの沼が点在しますが、それは地すべり地形だということです。地すべりは火山地域や火山灰質の地質のところ(日本海側のグリーンタフ地域)に起こりやすいのですが、ここは火山の硫気作用などで地質が粘土化されて滑りやすくなるため地すべりが多発するのです。地すべり地域は、回転しながら土塊がすべる(スランピングという)ので、崩れの始まるところは滑落崖ができ、移動した土塊の上では凹みが出来やすく、そこに湖や沼ができるということです
山頂の東側が崖になっているのは、滑落崖の地形なのですね。沼は、大小合わせて数10個もあります。したがって、高原状の地形といえども起伏が大きいのです。

国立公園地形図

  説明書には、最初の大きな沼、緑沼まで1時間くらいとなっていますが、とんでもない!のでした。われわれの足ですと、2時間近くかかりました(写真を撮りながらということもありますが)。なにしろアップダウンが激しいのです。なだらかな上りがあると思うと、急な下りの坂道となる、そういう道がずーっと続くのです。山はまだ紅葉は始まったばかり、きれいな紅葉には出会えません。途中に帰る人に後どのくらいですかと聞くと、異口同音のように「まだまだですよ!」という返事。ボクの持病の、足のくるぶしが痛くなり、何度も引き返そうと思ったのですが、「きれいでしたよ!」と声をかけられましたので、それにつられて我慢してついに緑沼に着いた次第です。

少し紅葉していた

  途中の沢に、大きな草が刈られたように横たわっていました(下の写真)。よく見ると、それはミズバショウなのでした。たくさんのミズバショウがこの高原の沢を埋めていたのですね。それには驚きでした。。

沢には水芭蕉の残骸

  沢の一部を写したのが下の写真ですが、このすぐ上流には噴煙が上がるところがあって、いまでも硫気作用が行われていることがわかりました。

沢に噴煙

  標高が高くなるにつれて、紅葉が美しくなりました。紅いのはカエデ類だろうと思いますが、種名はわかりません。

だんだん紅葉が進む

  初めてであった小さな沼は、周囲の紅葉とあいまって静かで美しいたたずまいを見せていました。ここまで来ると、足の痛みも忘れて写真を撮り、歩きました。

初めての沼

  感激の風景が続きます。天気がよければ、もっと素敵だったでしょうね。

沼の紅葉

  山のほうを遠望しましたが、何と言う山でしょうか。紅葉はまだあまり進んでいないようです。温泉に飾られていた紅葉の写真とは、比べ物にならないほどです。しかし、それでも自然は美しいですね。

平が岳の山が見える

  緑沼の景色は、次回に存分にお見せします。








 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。