スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコ五色温泉周辺のシラカバ林が美しい!!

  神仙沼から宿に戻り、ホテルのマスターにこれから行く先の地理や時間などを聞いたところ、積丹半島を回るのは相当時間がかかる、その日のうちに旭川まで行くのには早朝に出発しないといけません、ということになってしまいました。羊蹄山はあきらめざるを得ませんでした。
  さて、五色温泉のホテルに泊ったのですが、実は戦前、ここに硫黄の鉱山があってたくさんの人が働いていたそうです。ですから、もともとは火山で、硫気作用が卓越したところに硫黄が堆積したものと考えられます。そこで、周辺は白っぽい岩石が露出しているのです。標高は700mくらい。一山南は、ニセコアンヌプリ火山で、山麓は火山独特のなだらかになっており、南の山麓はたくさんのスキー場が展開しています。そこまで行けば東のほうに羊蹄山(成層火山)も見えるはずですが、時間がないので行きませんでした。少々心が残りましたが、・・・・。。


五色温泉山の家

五色温泉

硫黄鉱山跡1

硫黄鉱山跡

  早朝にそこの展望台を歩いたのですが、そこに下の写真のような植物が生えていました。真っ白い花のようなものを付けていたのですが、触ると硬いのです。実かもしれません。ぼくには見たことがない種です。

シラタマノキ1

  五色温泉の周辺を車で回って、周囲の森の美しさに感動しました。森の樹種の大部分は、シラカバまたはダケカンバです。この地方は豪雪地帯です。二階から出入りするくらい(およそ4m)です。雪は重いのです。その重さによってカンバ類の枝がたわみ、美しい枝振りにしてくれるのです。美しい枝振りの白い幹が、緑の中にひときわ目立って美しい風景を作り出すのです。その幾つかを写真でご覧ください。いかがでしょうか、ボクの感動が少しは伝わったでしょうか。


斜面のシラカバ


斜面のシラカバ1


斜面のシラカバ3


斜面のシラカバ4

山と赤い車

  樹木の間に広がる緑色のところは、チシマザサが生えているところです。一番下の赤い車が、ぼくらが借りたレンタカーです。この車で北海道を歩き回ったわけです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。