FC2ブログ

自転車置場を作りました! ヒガンバナが咲きました!

  デッキの前の庭に、当初は「温室」のつもりで作ったのですが、7~8年も経つと温室のビニールは破れ、結局は物置になってしまいました。あまりに見苦しいので(写真の右側がそれです)、撤去しよう、ということになったのですが、それでは物置が不足してしまいます。また自転車置き場として裏の作業場(工房)を使っていますので、作業場が使いにくくなっていました。そこで、両方の難点を改善するために、自転車置き場兼物置を作ることにしました。
  できるだけ連れ合いの意見を取り入れながら設計図を描き、必要な材料を買ってきて、一日でその骨組みを組み立ててしまいました。連れ合いは言います、「何日かかけれゆっくりと作るのを楽しめるのに!」と言います。確かにそうなのですが、早く作ってみたいと思うのが物を作る人間の心情なのです! 温室はまだっ撤去していませんが、撤去したら庭が広くなり、家の中から見渡せる景色も広くなり大きく変わるでしょうね。それも撤去する理由なのです。


自転車置き場を作る

  作業しているうちに、ヒガンバナが咲き始めているのに気づきました。毎年決まって、お彼岸の少し前に咲き始めるのです。不思議ですね。

ひがんばな

  また、ツリフネソウが群生しているのにも気づきました。わが庭ではたくさん咲く花なので、これまでは雑草としてどんどん刈っていました。ところが、各地の花の名所では希少な花に数えられているのです。たしかに、群生するときれいですね。

ツリフネソウ2


ツリフネソウ3

  ところで、庭の片隅にヤブランが咲き始めました。薄紫色の花がきれいなのです。庭の水路側とデッキに東側の二箇所に株になって咲いていたのですが、今年は異変が起こっています。

ヤブラン1

  それは、とんでもないところにヤブランが咲いているのです。普通は親のヤブランの周辺に子のヤブランが咲くのでしょうが、今年は家を隔てた反対側の玄関先に、しかも白い花として咲いているのです。遠くに種が飛び散ることはあありうるのでそれほど不思議ではないのですが、色が真っ白というのには驚きです。どこからか外から紛れ込んできた種なのか、それともここの種が芽を出したけれど周囲の植物に取り囲まれて日当たりが悪かったためであるのか、分かりません。おそらく後者であろうと想像しています。

ヤブラン2

  日当たりのよいところでは、下の写真のように紫色の花が咲いているのです。ここでは写真にあるように一本の孤立した花なのですね。昔からあるヤブランは、株立ちしているといったらよいのでしょうか、10数本の花が林立して咲きます。孤立した一本のヤブランが何年もかかって大きな株になっていくのかもしれません。

ヤブラン3

  工房で工作していたら、見慣れないトンボが飛んでいるのを発見しました。姿からしてオニヤンマに似ているのですが、体がずっと小さいのです。オニヤンマのように黄色と黒の縞模様がはっきりしません。図鑑で調べてみたのですが、同定は難しいです。一番近いのは、コサナエです。コサナエだとすれば、絶滅危惧種に指定されている希少な種です。

ヤンマ?

  下の写真の黄色いトンボは何でしょうか。同定は難しいですね。ハラビロトンボのメスかもしれません。。

ハラビロトンボのメス6

  下は、小さなピンクの花の蜜を吸うモンキチョウです。黄色のチョウはあまり多くありませんので貴重ですね。

モンキチョウ1

  池のカエルが面白い格好をして、ネットの間から頭を出していました。トノサマガエルです。

二匹のカエル



  さて、明日から9日間、北海道の旅をしてくる予定です。北海道の紅葉はすばらしいと聞いていますので、それを見に行きたいからです。というわけで、ブログはしばらくお休みします。旅を終えて帰ってきたら、このブログで旅の記録を載せたいと思います。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード