スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの散歩道、イモリ健在! ジャコウアゲハがきれい!

  いつもの散歩道というと、イモリが気になるのです。長い日照りでひあがってはいないか、と心配だったのです。側溝の水溜りにたくさん生息しているのですが、今回も健在でした。正式には、ニホンイモリというのだそうです。日本の固有種ですね。昔は、強精剤としてイモリを焼いて食べたそうですね。腹が赤いので、なんだか気味が悪いですよね。

イモリ健在

  今の季節は、クズの花がいたるところに咲いています。クズの繁殖力もすごいですね。つる植物ですが、延びた先が土に触れるとそこから根が出て広がっていくというのですから、たちまち他の植物を覆ってしまうのです。ですから人手が入らない林縁などに繁茂して、森を覆いつくしてしまっているところを見かけます。散歩道では、急傾斜の川沿いの斜面はほとんど人手が入らないので、そこが繁茂している場所です。これが繁茂するととても厄介です。他の植物が覆われて生きていくことが出来なくなってしまうのです。いわゆるマント群集と言いますね。しかし、花はとてもきれいです。また昔から、クズの根をすりつぶして澱粉を取って食料にしていました。

クズの花

  道端のネットの向こうに、紫色の花が咲いていました。でも、花の名前は分かりません。あまり見かけない花ですね。でも、とてもきれいです。

?何の花???

  下は、ノリウツギの白い花に昆虫が止まっているところを写したものです。この昆虫は何という名でしょうか。図鑑で調べてみてもなかなか特定できません。全体に緑がかっていますので、コアオハナムグリではないかと思いますが、確かではありません。。

何の虫?

  ミスジチョウが飛んでいました。黒地に白い筋が三本あるので、ミスジというのでしょう。かなり大型ですので、コミスジとは違うようです。

なんだろう

  道端のノリウツギの花に、ジャコウアゲハがやってきて止まりそうでした。夢中でシャッターを切った映像の一部が下の写真です。その美しさは見事というしかありません。赤の斑紋がきれいですね。

ジャコウアゲハ4

ジャコウアゲハ5

ジャコウアゲハ6

  下は、ノリウツギの花に止まった、イチモンジセセリです。ノリウツギの花も、真っ白できれいですね。

イチモンジセセリ3





スポンサーサイト

コメント

No title

草刈りをされる前にウマノスズクサを集め公園の隣地に移植する予定です
 (管理者に採取の了解いただきました)
ジャコウアゲハの食草と知りました
ジャコウアゲハの姿が見られる時が来ることを楽しみにしています

今年、クロアゲハより一回り大きい蝶が庭に来ました
ひょっとしてジャコウアゲハだったのかな?
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。