スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの散歩道 ハグロトンボ センニンソウに出会いました!

  あの暑い時期に、いつもの散歩道を散歩した際に見た生き物たちをご紹介します。
 下は、ハグロトンボだろうと思います。写真で見ると赤っぽい黒ですが、実際に野外で見るともっと黒いです。ひらひらと舞う姿は、美しいですね。

ハグロトンボ

  ハグロトンボは、羽の開き方が面白いのです。飛んでいるときはひらひらとまるでチョウのような飛び方で、何かに止まると時々羽を広げたり閉じたりします。下の写真は広げようとしたときのものです。

ハグロトンボ2

  ハギ(萩)がたくさん咲いていました。下は、葉の先がとがっているので、アレチヌスビトハギだろうと思います。もうひとつ下の写真のほうが良く分かりますね。花のほうは小さくて形が良く分かりません。

ハギの花1

アレチヌスビトハギ

  下は、普通のハギの花です。葉の先がとがっていないで、丸いのが特徴です。これも良く見るときれいなものですね。


ハギ

   下の白い花は、センニンソウと言います。アップしたのがその下の写真です。アップすると、花の形が良く分かりますね。真っ白くて細長い4枚の花弁の中心から、白いおしべがたくさん突き出していて、その形が美しいです。また、つぼみも可愛いですね。図鑑によれば、茎や葉に皮膚にかぶれを起こす有毒物質を含んでいるとのこと。注意しないといけませんね。漢方では根を利尿や鎮痛に用いるそうです。

センニンソウ

センニンソウ2

  下は、ワルナスビの花です。ワルナスビはとげが多く、繁殖力が強いので害草として嫌われます。北アメリカ源泉で、昭和の初期に関東地方南部で気づかれ、その後暖かい地方に広がったといわれます。下の写真の花は白ですが、薄い紫色もあります。

ワルナスビ1

  下の写真は、ワルナスビが群生しているところを移しました。繁殖力が強いので、しばしば群生して草原を覆ってしまうことがあります。

ワルナスビ群生


  オミナエシは前にご紹介したことがあります。黄色い美しい花ですね。下は、オトコエシだと思います。オトコエシは、オミナエシをやや大きくして強そうですので、女(オミナ)ではなく男エシと名づけられたといいます。花の色はは白です。

オトコエシ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。