FC2ブログ

白馬・戸隠の旅、最終回 戸隠森林植物園 アサギマダラが!

  今回の白馬・戸隠高原の旅の最終回です。戸隠高原の最後の映像を楽しんでくださって、旅を締めくくりたいと思います。

   宿のすぐ北に「戸隠森林植物園があります。そこの学習館を見学した後、園内を散歩しながら植物や昆虫を見ました。早朝の朝食前にだいぶ歩いたので、疲れが溜まっていて長時間観察をすることが出来ませんでした。学習館も戸隠高原の自然がとても分かりやすく展示されており、勉強になりました。

森林植物園

  古道の奥の院に行く道で見た、ソバナが明るい太陽の下で咲いていました。淡いむらさき色がきれいですね。。

ソバナの花

  マツムシソウも咲いていました。面ノ木園地でたくさん咲いていたのを思い出します。

マツムシソウ1

  白馬五竜で一面に咲いていたカライトソウが、わずかに咲いていました。五竜高原のカライトソウのように色鮮やかではありませんでした。花も終わりの頃なのでしょう。

カライトソウ2

  園内に小さな池があって、とても素敵な風情を漂わせているのです。水辺があるせいか、いろいろの種類のチョウが飛んでいました。

鏡池


  姿かたちからすれば、下のチョウはジャコウアゲハだと思います。タテヤマアザミの蜜を吸いに着たのでしょう。

ジャコウアゲハ?

    下の写真のチョウは、明らかにジャコウアゲハではないですね。 判別しにくいですが、ミヤマカラスアゲハではないかと思っています。羽の色が、実に美しいですね。

ジャコウアゲハ2

  下のチョウは、ヒョウモンチョウの仲間であることは確かですが、種を特定できません。

ヒョウモンチョウ1


  大変驚いたのは、アサギマダラを発見したことです。琉球列島など南のほうで発生したあと、風に乗って日本にやってくる不思議なチョウとして有名ですね。実に美しいチョウです。これまでに、作手や岡崎のほかに、御嶽山でも見たことがあります。というわけで、必ずしも数が少ないわけではありませんが、ここで出会えるとは思っても見ませんでした。

アサギマダラ1

アサギマダラ2


  もっと時間があれば、そして体力があれば、もっと広く戸隠高原の山々まで歩いてみたいと思いました。すばらしい自然ですね。

  思えば、姫川源流自然園の湿原に驚きの声を上げ、白馬五竜の高山植物に歓声を上げ、栂池自然園の湿原に広がる高山植物
に魅入られた旅となりました。そして、戸隠高原の自然に触れて、思う存分に高山植物や湿地の植物に出会うことが出来ました。僕にとって、驚きの体験になりました。またいつか、別の季節にここを訪ねたい、という強い思いに駆られています。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード