スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栂池自然園 その5 ヒオウギアヤメ、ワタスゲの大群落が一面に!

  自然園の植物たちの種類の多さに圧倒されます。しかも、個体数が多いのです。続きをご紹介しましょう。
  下はイワショウブです。およそ三段に花がつきます。一つ一つの花は6枚の白い花弁におしべの先には小さいオレンジ色がつきます。実に清楚な花ですね。この花も園内にたくさん咲いていました。 


白いイワショウブの花

  前にオニシオガマの花をお見せしましたが、それが一面に群生しているところを写したのが下の写真です。ただお見事としか言いようがありませんね。

  オニシオガマの大群落

  下は、ヒオウギアヤメです。普通のアヤメとどこがどういう風に違うのか、僕はよく知りませんが、図鑑ではアヤメは乾燥した草原に咲くのに対して、ヒオウギアヤメは北方の湿地に生息すると書いてありました。やはり中部地方では高山の湿地にしか生えないのですね。実に美しい姿の花です。


ヒオウギアヤメ

  前にヤチトリカブトの写真をお見せしましたが、下の写真のような立派なトリカブトの花が咲いていたので、再びお見せします。

ヤチトリカブト3

  下は、クロバナロウゲという種です。寒いところの湿地に生息する種だそうです。高山の湿地でないと見られないのですね。

クロバナロウゲの花

  下の写真にみる白いものは、何だと思いますか? ワタスゲの群生です。中部地方以北の高層湿原に生える種だそうです。これを見たときは驚きました。群生といっても、湿地の大部分を遠くまで一面に覆っているのです。なんという美しさでしょうか。

ワタスゲの大群落

ワタスゲの大群落2

  アップした写真が、下です。羽毛状の白い穂が先端についていて、花期が終わると綿毛が飛び散って種子を散布します。

ワタスゲ

  下の写真の花は、カラマツソウだろうと思います。高山の草原に生える種だそうです。花弁がなく、おしべが放射状にでて、まるで花火のようですね。きれいです。

カラマツソウ

 下の写真の花はきれいなのですが、名前が分かりません。 

分かりません7











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。