FC2ブログ

栂池自然園は天国の花園! ヤチトリカブト サラシナショウマなどに感激!

  ようやく、栂池自然園にたどり着きました。これまでは、予行演習というか、本番前の準備というか、高山植物の美しさに圧倒されたひと時でした。下は、自然園入り口付近の写真ですが、奥のほうに草原が広がっていますが、それが高山植物のお花畑です。手前にはビジターセンターやヒュッテがあります。

自然園入り口

  自然園に足を踏み入れた途端、目に入ってきたのは下の写真のような光景です。白い花、ピンクの花、紫色の花、まさに色とりどりの花々が一面に咲いていたのです。花に埋め尽くされているというような感じでした。木道を歩いていると、下は水がたくさんあって、湿地であることが分かりました。この草花の豊富さは湿地環境と深く関係しているのでした。写真に写っている花は皆湿地の花で、白い花はオニシモツケとミヤマシシウド、サラシナショウマ、ピンクの花はシモツケソウ、紫色はヤチトリカブトの花です。それぞれを詳しく個別に見ていくことにしましょう。。

高山植物の群生

  下は、オニシモツケです。小さな花が無数に集合しているようです。

オニシモツケ2

  下は、シモツケソウです。きれいな花ですね。オニシモツケとシモツケソウとは花の色が違うだけで、ほとんど同じように見えるのですが、・・・・。

シモツケソウ

  下の写真は、サラシナショウマが群生している様子を写したものです。サラシナショウマに出会っただけで感激でした。しかもこんなにたくさん!! すごいです。作手では山奥で一度だけ見つけただけで、幻の花です。ミヤマシシウドも咲いているようですね。。

高山植物の群生2

  サラシナショウマを近づいて写したのが下の写真です。長細い花穂がきれいですね。まるで、細長い分を洗うブラシのようです。

サラシナショウマ1

  アップしてみると、下のように見えます。たくさんの花の集合であることが分かります。真っ白のようでも、アップしてみると雄花か雌花が赤く色づいています。


サラシナショウマアップ

  先ほどの写真で、紫色に見えたのは、下のヤチトリカブトです。トリカブトという珍しい花があることは知っていたのですが、初めて見てびっくりしました。背が高いのでよく目立ちます。ネットで調べてみたら、日本で初めに発見されたのは上高地と言います。花の姿が取り烏帽子、トリカブトに似ているからとか、鶏のトサカに似ているから名づけられたとも言います。ヤチとは、水辺や川などがある谷のことを指します。湿地の草本なのですね。そして、猛毒を持つ草なのだそうです。こんなに美しい花が猛毒だなんて驚きですね。

ヤチトリカブト2

  もう花の盛りを過ぎましたが、下の写真はコバイケイソウを写したものです。大きな葉の中から花穂が伸びて、その先端に緑白色の花を付けるのです。背が高いのでとてもよく目立ちます。
 
バイケイソウ

  これも花の季節が終わりそうですが、下の写真はオタカラコウを写したものです。昔、作手の山奥でサラシナショウマと一緒に発見した驚いたことを思い出します。作手ではそこにしか見られませんでした。それがここにはたくさん生えていたのです。感激でした!

オタカラコウ


  この感激の続きを次回にご報告します。









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード