スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬五竜高山植物園 その2 初めて出会ったコマクサに感激!

  すごいですね! 白馬五竜の高山植物! まさに高山植物のお花畑が続くのです。見たこともない高山植物の種を同定するのはとても難しいのですが、後で行く「栂池自然園」の売店で、最近写した夏の高山植物の写真集がとても役に立ちました。

  アキノキリンソウに出会いました。初めて見る植物です。これは湿地の花と思っていたのですが、緩やかな傾斜地に咲いていたので、必ずしも湿地の植物ではないようです。


クサレダマが

  下の写真は、ヤマハハコです。細長い葉と茎の頂点にまとまって、幾つかの白い花を付けるのです。僕も見たことがありません。

ヤマハハコ

  それが、下の写真のように斜面に群生しているのです。すばらしい景観です。

ヤマハハコの群生

  下は、おそらくタカネナデシコだと思います。カワラナデシコは面ノ木園地でたくさん見ましたが、それとは違って、花弁がはっきりとしないで細く裂けた花弁が特徴です。高山にしか見られないのでしょうね。

タカネナデシコ

  下はハクサンフウロです。名前くらいは聞いたことがあるのですが、こんなに美しい花とは思いませんでした。ピンクの色が素敵ですね。

ハクサンフウロ

  下の写真の植物は、ハクサンシャジンではないかと思いますが、確かではありません。もしかすると、ツリガネニンジンかもしれません。

ツリガネニンジンの花


  ところで、斜面の上のほうは植えたりしてはいない自然の植物ですが、斜面を大分降りたところから、下の看板に見る「生態園」が広がります。内容を読んでいただくと分かりますが、つまり、植物相互の関係など生態を大事にして、人工的に高山植物を移植して育てよう、という試みです。たくさんの区画に区切って、いろいろのし植物が植えられていました。確かに人工的に作られたものですが、いっぺんにこんなにたくさんの種類の植物が見られるのはすごいことです。


植物園の看板

  その中に、コマクサがありました。「高山植物の女王」と言われますが、本当に美しい花です。写真に見るように、石ころがごろごろした岩場や砂礫地に深く根を張って生きているのですね。そんな厳しい条件の中でも生きていて、美しい花を咲かせるなんて、すごいことです。僕も始めてお目にかかり、感激しました。

コマクサ1

  花をアップしたのが、下の写真です。面白い形で、優美なのですね。

コマクサ2

  その岩場に、キアゲハが休んでいました。これもほんとに美しいです。

止まったキアゲハ






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。