スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長命湿地、ヒメシロネが咲き始めました!

  先回もHさん宅前のワレモコウをご紹介しましたが、花をたくさん付けるようになりました。下の写真のように、花補の先端に赤い花を付けるのです。赤くなっていない白い穂は、つぼみですので、これからもっとたくさん咲くのですね。

ワレモコウの開花

  穂の先端の赤いものは花といいましたが、それはアップしてみると分かります。それが下の写真ですが、先端の赤い部分はたくさんの花がついているのです。

ワレモコウの花

     そこから長命湿地の中に入り、変わったところがないかを調べて回りましたが、以前とほとんど変化なしでした。ただひとつ、下の写真のようにヒメシロネが咲き始めました。前に庄の沢湿地で咲いていたことを報告しましたので、詳しくは触れませんが、湿地にしか咲かない草本です。

ヒメシロネの花

  この湿地の西側に、カラスザンショウの巨木がありますが、それに花補がつき始めました。大きい木なので、下から写すと写真のようになるわけです。シルエットですね。サンショウ、イヌザンショウ、タラノキ、ヌルデなど羽状複葉の葉を持つ樹木は、花の形がよく似ていますね。

カラスザンショウの咲き始め

  小さいチョウですが、ミヤマシジミと思われるチョウがいました。初めはルリシジミではないかと思ったのですが、羽の下のほうの縁が黄色に色づいているので、ミヤマシジミと判断したのですが、あまり確かではありません。、

ルリシジミ?

  下はセセリチョウの仲間であることは確かですが、特定は難しいです。ヘリグロチャバナセセリとか、ヒメキマダラセセリなど考えられます。きれいなチョウですね。

セセリチョウ?

  下は、ガの仲間だと思いますが、種名は分かりません。

シャクガの仲間?

  下の写真の中央にいるのは枯葉ではないのです。おそらく、カレハガの仲間で、カレハガではないかと思います。羽の模様が、枯葉そっくりなのは面白いですね。

カレハガ??

  下はオミナエシをアップしようと思ったら、ハチをアップする結果となってしまいました。大分視力が衰えだしたのか、ピントが花のほうに合いませんでした。このごろ、視力の衰えを感じています。というのは、マニュアルで写真を写すとどうしても自分の目でピントを合わせますし、マクロレンズではピンとは自分で合わせなければなりません。パソコンで確認してみて、ピンボケに気づきます。目が悪くなってきたのですね。困ったものです。

オミナエシにハチ

  次回は、長命湿地からの帰り道の植物たちをご紹介します。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。