スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桧皮葺きの効用!

わが家のガレージ


    昨日、友人が訪ねてきてくれました。すぐにお目に留まったのが、わが家の庭の駐車場でした。友人いわく、「ヒノキの丸太で作ったガレージに、プリウスという組み合わせが面白いですね。というのは、ガレージの屋根が桧皮葺きという古風なものと、最も現代的なハイブリッド車の対比が面白といったのです。」と言うのです。なるほど! わが家を訪れる多くの人が丸太つくりのガレージに驚くのですが、中に入っている車との対比まで考える人はいませんでした。

  このガレージはこの春に作ったのですが、その状況をこのブログに載せました。そのときにもお話しましたが、桧皮(ひわだ)というのはヒノキの皮のことで、非常に腐りにくいのです。桧皮葺きというのは、その性質を利用して屋根に利用した工法のことを言います。そこで桧皮葺についてもう少し詳しく調べてみようと思い立ちました。

  調べてみてびっくりしました。桧皮葺きというのは、世界に類例がない屋根の作り方で、日本独特のものというのです。今は一般的になっている瓦屋根が日本に入ってきたのは飛鳥時代、仏教の伝来とともに中国から瓦の製法が伝わり、寺院を中心に瓦屋根が作られるようになりました。当時の民家は、茅葺き、藁葺きがほとんどでした。瓦は燃えない素材ですし、とくにお城にはもってこいの材料ですので、瓦は城の築城には欠かせないものでした。そこから自然に、武家の家屋は瓦葺きになっていったとのことです。

  桧皮葺きが登場したのは、平安時代。平安神宮とか大きな神社の屋根に、桧皮葺きが登場したそうです。当時から桧皮を入手することが難しく、神社などの特権階級しか利用できなかった、貴族も利用できなかったと言います。それはずっと後の時代まで続きます。このような植物系の素材を使った屋根の工法には、板葺きや柿(こけら)葺きがありますが、昔は板を作ることが難しかったので、それらは非常に高価なものでした。平安時代の頃に中国から、縦目のノコギリが導入されて板を作ることが比較的容易になり、板葺きやこけら葺きが少しずつ普及していったようです。板葺きは分かりますが、こけら葺きというのは、どういうものでしょうか。昔、小さくて薄い板をこけら(柿)といったそうで、幅9cm、長さ20cmくらい、厚さ数ミリの板をこけらと言いました。それを利用して屋根を作っていく工法です。

  もうひとつ知ったことは、桧皮は太いヒノキの立ち木から直接薄く皮を剥いで作るのです。生きたままの立ち木の皮を剥いでも、皮は再生してヒノキは大丈夫なのだそうです。それは始めて聞きました。杉皮も使われましたが、杉皮は一度伐採してから皮を剥いで作るのだそうです。ヒノキの木を伐採しないでも良いので、杉皮よりもヒノキの皮が用いられるようになったそうです。

  もうひとつ知ったのは、桧皮の耐用年数は、約40年ということです。使い方によっては100年も持つとのこと。木造建築は、普通は100年くらいと聞いていますが、桧皮はそれに匹敵するくらい長持ちするのです。思えば、ヒノキの皮はヒノキが生きている間、外側から昆虫や細菌の攻撃から幹を守り続けてきたのですから、ちょっとやそっとでは腐らないのですね。これもすごいことです。

  実際に桧皮葺きのガレージを作ってみて、気がついたことが二つあります。ひとつは、雨をすばやく吸収して、雨音がほとんどないことです。ガレージの桧皮は2枚重ねただけですが、雨をよく吸収しますので、雨水が一気に表面を流れることはありません。ゆっくり、ぽたぽたと屋根の末端から落ちます。それが数枚の暑さの桧皮であれば、その効果は大きいと思います。

  もうひとつは、断熱効果です。ただ単に日差しをさえぎる効果だけではないのです。科学的に確かめたわけではありませんが、どんな暑い日でもガレージの下は涼しさがあるのです。おかげで、車も高熱にはなりません。

  こんなことを知ると、桧皮を利用することがもっと広がらないのだろうか、と考えてしまうのです。街中でも、駐車場とか、あずまやとか、公園の休み場とかに利用できるのではないかと思います。少々高価であることがね難点ですが、・・・・。

咲いたアサガオ

  ところで、庭の入り口に植えたアサガオに一輪の花が咲きました(上の写真)。濃い紫色の花がきれいです。

カボチャの実

  上の写真は、わが家のデッキの前の花壇にカボチャがなってきて、温室の壁に伝って這い登ってきました。カボチャの苗を植えたのではなく、自然に生えて着たのです。そして、ちゃんとカボチャのみが生ってきたのです。ラッキー!! もっと大きくなったら、採って食べようと思います。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。