スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び面ノ木園地へ! 目に付いた植物たち!

  先週の木曜日に、岡崎の友達が訪ねてきてくれました。せっかく来たのなら、自然の豊かなところ、しかも標高が高く涼しいとことへ、と言ったら、近くでは面ノ木園地しかありません。了解してくれましたので、ご夫妻を乗せて再び面ノ木園地に向かいました。
  もちろん湿地を案内したのですが、面ノ木峠の原生林にも行きました。湿地の植物に話は先のブログでお話していますので、今回はそれ以外のことをご紹介しましょう。下の写真は、原生林の入り口の風景です。ブナの大木がたくさんあり、写真の白っぽい幹がブナです。その他、各種のカエデ類の大木、アカシデの巨木もありました。作手とは標高がはるかに高い(1100m)ので、林相もまったく違っています。

ブナの原生林

  なんというカエデかわかりませんが、下はその巨木を写したものです。秋にはそれが紅葉して、とりわけ美しい景色となるのです。

カエデの大きな葉

  原生林の前の広い草地にはミカワバイケイソウが咲いていました。これまでに花が咲いているところはなかなか出会えなかったのですが、今回であえて嬉しかったです。大きな葉の中からスーッと花の茎が伸び、そこに白い花を咲かせるのです。高さは人間の背丈ほどにもなります。、

ミカワバイケイソウ1

  そのひとつを映したものです。背が高いので、縦長の写真でないと全体を写せません。花の盛りは過ぎていて、葉も花も朽ちかけていましたが、下はまだ立派なものです。

ミカワバイケイソウ2

  花をアップすると、下の写真のようになります。小さなたくさんの花が集合している様子が分かりますね。

ミカワバイケイソウ3

  先回もご紹介しましたが、面ノ木園地のビジターセンター近くの草地には、たくさんのカワラナデシコが咲いていました。下の写真のように、まさに群生ですね。

カワラナデシコの群生

  カワラナデシコの花の色は、白かピンクだと思っていたのですが、ピンクでもいろいろの色があって、多様性があることに気がつきました。下はピンクですね。

ピンクのカワラナデシコ

  下の写真では、鮮やかな赤ですね。

真っ赤なカワラナデシコ

   先回、アジサイがたくさん咲いている話をしましたが、今回はタマアジサイを見つけました。下の写真のように、大きな葉の中から、玉のようなつぼみが覗いていますね。どんな花が咲くのでしょうか、ボクはまだ見たことがないのです。

タマアジサイ

  友達のご夫妻は、美しい自然に接することが出来て大変喜んでいただきました。それも嬉しかったです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。