スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続いて山と湿地の植物を紹介します!

  これまでマクロレンズの使い方がよく分からずあまり使っていなかったのですが、使いこなしてみようと、今回たくさん写しました。結構いけるので、次々と写しています。下は、シロツメクサ。ありふれた雑草ですが、アップしてみると美しいですね。

シロツメクサアップ

  下はヒメジオンだろうと思います。ハルジョオンは終わったのではないかと思っているからです。アップしてみると、真ん中の黄色い部分が実に細かく出来ているのですね。

ヒメジオンアップ

  庄ノ沢湿地をさらに奥のほうの山に林道を進みました。いたるところにオカトラノオが咲いていたのですが、下の写真はオカトラノオが群生していたところです。面白いことに、ここではオカトラノオの尻尾が皆同じ方向を向いているのです。風になびいているとも思えませんし、太陽の方向とも違います。なぜなのでしょうか? ここでは同じ場所に、ヤマホタルブクロもたくさん群生していました。

オカトラノオの群生

  下の写真のように、ハギの花が一杯咲いていました。新しく林道を開いたところなので荒地が多く、そこにヤシャブシの木や萩類が咲いていました。これはアレチヌスビトハギではないかと思います。紫の花がとてもきれいです。

ハギの花

  ある沢の水が滴るところに、ガクアジサイと思われる花が群生していました。植えられたガクアジサイはたくさん見ることがあるのですが、自然の中で咲いているのは初めてみました。

ガクアジサイ?

  下は、ノイチゴの実を一杯付けたところを写しました。イチゴ類も多種類あって、これがどの種なのかはわかりません。赤い実が一杯ついているのはきれいです。

ノイチゴ?


  ついでに、先回行った「がんばり山湿原」を再訪しました。そこで見たサワランをもっとアップして撮りたいと思ったからです。カキランはそのときは咲いていませんでしたが、今回はわずかに開花していました。しかし、うまく撮れませんでした。 サワランは下のように、アップして撮りました。図鑑ではもう少し開いているのですが、これは咲いたばかりだからかもしれません。でも、きれいですね。

サワラン1

サワラン2

  腐った樹木の上に、下の写真のようにモウセンゴケが生えていました。ぐちゃぐちゃの湿地なので、ひざまづいて写真を撮ることもできず、アップはこれが限界です。でも、針のようなものがたくさん出ているのはよく分かりますね。円盤のようなところに小さな虫を追い込んで、粘液で虫を溶かしてしまうのだそうです。前回見たのですが、虫といっても1mmもない小さなものでした。おおきなものは、これでは無理なのでしょう。。

モウセンゴケ1


モウセンゴケアップ

  先回、クロテンツキが咲き始めたところの写真をご覧いただきましたが、下がつぼみの段階です。もっときれいに咲いたときに写したいと思います。

クロテンツキのつぼみ

  湿地の外に出たら、アカマツの倒木にへんなキノコが付いていました。たしか、ホウキタケとかいうキノコだったと思います。

変なきのこ






スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして。クサレダマを検索してたどりつきました。

滋賀県の山門水源の森というところで、森林レンジャーをしております。
きれいな写真ばかりで楽しませていただきました。

うちの湿原の植生と非常ににていると感じました。

ところで、写真にあるクロテンツキですが、
チゴザサではないでしょうか?

私のところもこれと同じものがクサレダマに混じっていっぱい咲いています。

No title

コメントありがとうございます。クサレダマの記事を目に留めてくださり、嬉しいです。僕が住む愛知県の旧作手村は湿地がたくさんあって、毎日のように出入りしてそこの生き物を楽しんでいます。湿地植生は共通していることが多いですね。そちらの情報も教えていただければ嬉しいです。
クロテンツキのことですが、植物のプロに教えていただきました。そのとき、写真を持っていなかったので、後で撮影した写真が間違っていたのかもしれません。図鑑で調べると、たしかにチゴザサのようにも見えますね。植物の同定はとても難しいです。また教えてください。

2012年8/4(土)山門水源の森 現地交流会のご案内

琵琶湖の固有種ビワマスを育む「山門水源の森」を訪れます。8月上旬の湿原は、サギソウが咲き始める頃です。みなさんのご参加をお待ちしています。

http://www.pref.shiga.jp/d/rimmu/moridukurinet/event/h24/yakamado_240804.pdf
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。