スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長命湿地への散歩道で出会ったチョウ、トンボ!

  数日前、長命湿地に行くのに、歩いて行きました。というのは、このごろ歩くことが少なく、運動不足だったからです。やはり、歩くのは体に良いですね。体に良いばかりでなく、これまだ通り過ぎていたいろいろの自然がよく見えてくるのです。今回は、とくにたくさんの昆虫に出会いました。
  下はベニシジミです。小さいチョウですが、とてもよく目立つ色をしていてきれいです。交尾しているところなのでしょうか、二匹がつながっています。


ベニシジミ1


  下のベニシジミは、上の写真のものとは少し色が違いますね。同じ種でも、個体によってはかなりの違いがあります。

ベニシジミ2

  下は、ジャコウアゲハがアザミの花に止まっているところです。いつ見てもきれいなチョウですね。

ジャコウアゲハが

  下のイトトンボは、羽の色が一部分ブルーに光っています。こんなトンボは、ボクの図鑑には載っていませんでした。イトトンボの類は、同定がとても難しいです。

イトトンボの仲間

  下は、ヒョウモンエダシャクというガではないかと思います。上の羽は黒白、下の羽は黄色で、どちらもヒョウ紋であることが特徴です。

ヒョウモンエダシャク

  これも、エダシャクガの仲間だと思いますが、種は同定出来ません。コアジサイの葉の上に止まっていました。きれいなチョウですね。、

エダシャクの仲間

  下もきれいなチョウですね。図鑑によれば、クロヒカゲというチョウでしょう。蛇の目の模様が見事ですね。

何のチョウ?


  かなり大きなトンボを道端で見ました。尻尾の先が太いのが特徴です。図鑑によれば、アオサナエという種だと思いますが、違うかもしれません。ボクは初めて見るトンボです。

コサナエ??  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。