スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の旅 その6 富良野のファーム富田の花園にて

  霧の然別湖を楽しみ、扇が原展望台から雄大な十勝平野の眺望を楽しんだ後、狩勝峠を経て富良野へ向かいました。富良野といえば、ファーム富田。北海道でもっとも有名なところ、一大観光地です。なんと、観光バスが10台近く止まっていました。すごい人です。

富田ファーム看板

  ハーブの季節はもうしばらく後ですので、それは見ることが出来ませんでしたが、でも見事な花園が展開していました。これまでに有名になったのには礎をつくった方の大変な苦労があったと聞きましたが、花園とそれにまつわる産業を起こしてきた努力はすごいものですね。

花園

  最初に、下のようなルピナスの花がボクらを歓迎してくれました。色が鮮やかですね。

ルピナス

  北海道をバスで走っていると、街路樹としてトチノキが植えられていて、この季節に白い花をつけていてきれいです。
トチノキの白い花

 ところが、この農場では、ピンク色をしたトチノキの花を見ました。栽培種なのでしょうが、ピンクはきれいですね。


ピンクのトチノキ

  この季節、北海道に来たらライラックが見れると思っていたのですが、なかなか出会えませんでした。しかし、ようやくこの農場で、ライラックを見ました。きれいですね。

シャクナゲの花

  びっくりしたことに、レンゲツツジが大輪の花を咲かせていました。

富良野のレンゲツツジ

  ここの花園は、見事です。いろいろの花が咲いていてきれいなのですが、覚え切れないほどありました。下の黄色い花も忘れました。

きれいな花々・・・・

  下の写真の花も、一面に赤い花をつけている風景は素敵ですね。

花園・・・・・


  もうひとつびっくりしたのは、館のひとつに飾られていたドライフラワーでした。植物の花や実を乾燥させて見事な造形を作る出しているのです。

乾燥花アート




スポンサーサイト

コメント

No title

私の故郷、北海道を旅され懐かしく思います。今回の写真の中で、「しゃくなげ」の花とありましたが、ライラック(リラ)では?間違っていましたらごめんなさい。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。