FC2ブログ

北海道の旅 その5 霧の然別湖は!

  北海道の旅を中断していましたが、再開します。

  十勝平野を北上して、その晩は然別湖のホテルに泊りました。早朝に起きてしまいましたので、温泉につかり、窓からの然別湖が美しかったので、屋上の展望台に行ってみました。実は連れ合いは夜中の3時頃に起きてしまったそうですが、窓の外を見たらもう明るく、然別湖には霧もなくてきれいだったそうです。6時くらいに屋上の展望台に行ったときには、下の写真のように霧に覆われていました。霧の然別湖もきれいですね。、


然別湖1

  しばらくするうちに、南のほうから(下の写真では右の方から)次第に霧が晴れてきました。次第に湖面が見えてくるのは風情があります。

然別湖2

  奥のほうを見ると、上流から霧が流れ込んでいることが下の写真で分かりますね。周囲の山から冷気流が下りてきて、湖の湿気で霧が発生するのですね。

然別湖3

  しばらくすると、さらに霧が晴れてきて、湖面にボートを浮かべる人がいることに気づきました。写真にかすかに写っていますね。

然別湖4

  完全に霧が晴れたときの写真が下です。わずか15分くらいの出来事でしたが、霧が晴れていく美しいドラマを見る思いがしました。、

然別湖5

  周辺の山の景色を写しましたが、この付近は標高が高いので、針葉樹はエゾマツでしょう。トドマツは低いところに生えています。広葉樹は、シラカバまたはダケカンバです。

周辺の森1

周辺の森2

  前日に立ち寄る予定であった扇ヶ原展望台は、この日には幸いにも霧が晴れ、広大な十勝平野を一望できました。すごい景色です。十勝平野の広さに圧倒されますね。、

扇ヶ原展望台から

  近くの山を写したかったのですが、展望台からはあまりよく見えません。でも、北海道の標高が高いところの植生景観の一部は分かると思います。

展望台から山の風景



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード