スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の旅 その4 襟裳岬と十勝平野の牧場

  襟裳岬に近づいてくると、海辺では昆布漁が行われていました。「日高昆布」として有名ですが、美味しいそうです。下は、バスから写した昆布漁の小さな漁船です。

昆布を採る漁師

  驚いたことに、襟裳岬に近づくと、周りの風景が一変したのです。大きな樹木がなくなり、草原に変わったのです。ガイドさんの説明を聞いて納得しました。この地方は、ものすごく風の強いところとして知っていましたが、その風の作用とつめたい風で、大きな樹木が育たないのだそうです。ほとんど年中、風速10m以上の風が吹いているそうです。ボクらが行ったときは風があまり吹いていなかったのですが、こんな日は稀だとのことです。そこで、下のような「風の館」があって、風の資料を展示しています。

襟裳岬


  この日はあいにく霧が出ていて、景色がボヤーッとしか見えません。あいにく、と言いましたが、一難の大部分霧で閉ざされるのだということです。灯台もかすんでいますね。

襟裳岬灯台

  上から海岸を見下ろしましたが、霧でなかなかよくは見えません。少し霧が晴れたときに写したのが、下の写真です。岩礁の景色は良いですね。霧が晴れたら、もっと素敵でしょう。

岩礁1

岩礁2

  大きな樹木が育たない、とお話しましたが、下の写真のように、周りは草原です。強い風のために、低い草しか生えないのです。これも異様な風景ですね。

襟裳岬駐車場

広がる草原

  襟裳岬の観光を終えて、太平洋岸の黄金道路を北上して十勝平野に出ました。酪農が盛んで、牧場だらけです。もっとも北海道らしい風景が続きます。そこで立ち寄ったのが、花畑牧場です。タレントの田中義剛さんが経営している牧場ということですね。生キャラメルを買って食べましたが、美味しかったです。

花畑牧場売り場

  その入り口付近には、カラマツの人工林(下の写真)がありまして、驚いたことに、そこにたくさんのハルゼミが鳴いていました。静かな牧場ですが、大量のせみの声は異常ですね。

花畑牧場

  周囲は、下の写真のように広大な牧場です。とにかく広いのです。地平線まで牧場が広がっているという感じです。

とにかく広い牧場




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。