スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長命湿地の東側の山に大きな酪農場が!

  再び放牧場のポニーの写真をお見せしますが、実はこの放牧場は、すぐ東にある酪農を営む農家の土地を整備するときに、切り取った土砂を埋め立てて作ったのです。この広い放牧場の区域に、厚さ数mにもなる土砂を埋め立てたそうですから、ものすごい大量の土砂です。

放牧場のクロ

  最近、この農家がすべての農地や建物を売って、よそに引っ越したそうです。買ったのは、長命湿地の地主のHyさんなのです。昨日は、Hyさん夫妻にその土地や建物を案内していただきました。三棟の立派な住宅と、広い数棟の牛舎がありましたが、その広さに圧倒されました。
  ところで、牛舎の背後に下の写真のような崖が見えますが、観察すると砂礫層からなっていることが分かりました。Hyさん宅の山と同じような砂礫層です。牛舎を作るときに切り取った土砂の崖が見えるわけです。この付近の山の尾根近くは、作手礫岩層という砂礫からなっていて、谷間に広がる貧栄養湿地はこの砂礫層の地下水が関与していると、ボクは考えています。そのことは、いつかまた詳しくお話したいと思います。


牛舎の崖

  この農家の住人は草花を愛する人たちで、いたるところに美しい花園が開けていました。それもみな、珍しい花々なのです。道端に沿って、見事なクリンソウが咲いていました。。

クリンソウ3


クリンソウ4

  下は、オダマキの一種でしょう。栽培種なのだと思います。きれいです!

オダマキ1

オダマキ2

  知らなかったのですが、下はシライトソウという種だそうです。

シライトソウ

  下の二枚の写真の花の名は分かりません。きれいですね。

きれいな花1

きれいな花2

  下のような、お化けのような大きな葉を持った植物がありました。マムシグサを大きくしたような植物です。

巨大なマムシグサ?

  ところで、Hyさんから教えていただいたのは、田んぼの土手に植えられていたイワダレソウです。これは、地表に這うようにびっしりと広がり、土が移動しないようにしてくれるので、あぜや土手に植えているのだ、ということです。ちょうど花が咲いていてきれいでした。

イワダレソウ

  Hyさんには、びっくりすることばかりです。広大な土地や建物を買い取って、そこにたくさんの大型重機を保管していましたし、いくつもある牛舎をきれいにしたり、取り壊したりしています。大変な作業をわずかな人数で仕事をしていくのには、驚きですね。建物をどのように維持管理していくか、悩んでおられました。長命湿地の東側の山の奥にこんなところがあるなんて、驚きですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。