FC2ブログ

長命湿地にモリアオガエル産卵、水路にイシガメ?が!!

  土曜日は、三重県松阪に住むMさん夫妻がわが家を訪ねてくれました。一泊してくださるということで、ゆっくりと二三の場所を案内しました。
  先ずは、長命湿地です。Mさん夫妻は、「森楽さんの写真は見ていましたが、現場に身を置くとその奥行き感など湿地の雰囲気が良く分かって、その美しさに感動しました。」と言っておられました。そこで、びっくりしたのです! モリアオガエルの卵塊がいくつも見つけることが出来たのです。下の写真では分かりにくいですが、湿地の水の出口にある水面に突き出した枝先に二つの卵塊がつる下がっていたのです。 


モリアオガエル産卵2

  もう少し西のほうのガマズミの枝先に、大きなひとつの卵塊がありました。真っ白で、綿菓子のようですね。真っ白ですから、産み付けてから時間がたっていないですね。その日の二日前には発見されなかったのですから、この二日間の間に産みつけられたということです。

モリアオガエル産卵1

  モリアオガエルは、絶滅危惧種。その生態が面白いのです。卵を産み付ける場所は、必ず水面の上に突き出した樹木の枝先なのです。卵塊の中で成長したおたまじゃくしは、成長すると体を動かして卵塊から出てきて、水面にポトリと落ちて水の中の生活を続けます。だから水面の上に突き出した樹木がないと産卵しないのです。

モリアオガエル産卵3

  聞くところによると、産卵の様子は、メスの上に数匹のオスが乗り、メスが出す卵を含んだ泡にオスが精子を振りかけるのだそうです。いつごろ産卵するのか、その現場を見たいです。早朝なのでしょうか、夜中なのでしょうか。

  ところで、周囲を回って南の水路にさしかかったとき、水路の中に動くもをを発見しました。草むらに隠れていたところを追い出してみたら、カメだったのです。体調は10cmくらいの小さなカメでした。この湿地で初めて見るカメで、下の二枚の写真がそれです。


水路にカメ1

  図鑑で調べたところ、ニホンイシガメであることが分かりました。写真のように、全体として黄色っぽい黒の色をして、甲長は13~20cm、メスのほうが大きいとのこと。甲羅の真ん中に筋上の出っぱりがあって、甲羅の後ろのほうにはのこぎりのようなぎざぎざが特徴だといいます。クサガメと並んで、日本を代表する在来種のカメです。写真の主は、まさにイシガメですね。

水路にカメ2

  ところが、このカメが最近急速に姿を消しているそうです。それは、ミシシッピアカミミガメのような外来種がはびこり、水辺の生態系が荒らされて個体数が激減しているそうです。この湿地に残っているということは、まだ外来種がはびこっていない証拠です。このイシガメにとっては、貴重な環境なのかもしれません。

  同じ水路に、大きな黒い巻貝が動いていました(下の写真)。図鑑で調べたところ、日本在来のタニシで、マルタニシという種であることが分かりました。大きさは、直径30~50mm、黒い色をしているのが特徴。かつては田んぼの普通種であったのですが、近年の水質の悪化で、激減しているそうです。環境省のレッドデータブックでは、準絶滅危惧種となっているのだそうです。これもまた、この地域がこれらの生き物にとって貴重な環境なのでしょう。


大きなタニシ

  先週の木曜日、植生の調査をしに長命湿地に行った時、南西隅の休み場に行ったら、テーブルの上に角を付けたままのシカの頭蓋骨が置いてありました。骨まで調べたことはありませんので、シカと断定してよいかは分かりません。角はシカのようです。下の写真は、持ち帰って家の工房で写したものです。シカだとしたら、角は分岐していませんし、幼いシカだったと思われます。前にもこの休み場の周辺で動物の骨を見たことはありますが、角を付けたままの頭蓋骨は見たことがありません。湿地の泥に足を取られて死んでしまったのか、と想像をたくましくしてしまいます。おそらく、どなたかがここでこの頭蓋骨を発見して、休み場に置いていってくださったのだろうと思います。

小鹿の頭蓋骨1

  良く見ると、下の写真のように、縫合線まで見えます。人間の頭蓋骨にも縫合線があることは知っていたのですが、シカの頭蓋骨の縫合線はくねくねと曲がっていて実に複雑なものですね。珍しいものなので、置物にでもして、飾っておこうと思います。

小鹿の頭蓋骨2

  今回の長命湿地は、驚きの発見の連続でした!!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード