FC2ブログ

最近見るわが庭の生き物たち、トンボ、チョウなど!

  最近、わが屋で見る動物たちをご紹介します。しかし、分からないことだらけです。

  下は、イトトンボの類ですが、実に美しいトンボですね。体が赤銅色の光沢があってきれいなのです。しかし、種の同定は難しいです。ボクの図鑑には載っていませんでした。


イトトンボ1


イトトンボ2

  下は、オオカワトンボではないかと思います。最近良く飛んでいるトンボです。赤い羽根が良く目立つ赤なので、オオカワトンボと判断しましたが、正確なところはわかりません。  

ミヤマカワトンボ1

ミヤマカワトンボ2

  下は、ミスジチョウだろうと思います。これは、だいぶ前(1週間前くらい)から飛んでいます。小型のチョウで、黒地に白い斑紋が三本の筋に見えるところからその名がついたと言われます。

止まるミスジチョウ

  なかなか止まってくれないので撮影が出来なかったのですが、ようやくフジの花に止まったところを写したのが下の写真です。真っ黒の地に白い斑紋がある、小さいチョウです。ホソバセセリではないかと思います。

ホソバセセリ

  下も、ようやく止まってくれてアップして写すことができました。ウスバシロチョウです。これは現れてからひとつきちかくなります。撮影してみると、実に美しいチョウですね。羽の模様が優美ですし、頭や胴体が黄色いなんて、アップしてみないと気がつきませんね。

ウスバシロチョウ

  わが家の池は、一昨年、金魚(コメットという種)が4匹から16匹までに増えたのですが、獰猛な動物に全部食べられてしまいました。そこで去年、4匹の金魚を補充したのですが、また一匹しか見られなくなりました。普通に死ねば死体が浮かびますが、それがまったくないので、イタチとかテンなどの動物に食われたとしか考えられないのです。写真のように、網で覆っているのに、です。怖いですね。
  かすかに残った二匹から、子が生まれたようです。始めは真っ黒の小さい金魚だったのですが、今はだいぶ大きくなって赤の色が多くなってきました。生まれたときは真っ黒でも、成長の過程で本来の金魚の色に戻っていくのですね。おもしろーい!

金魚コメット

   下は、池に住むトノサマガエルです。この季節は、わが家の池はトノサマガエルの天国のようです。池のそばを歩くと、ばたばたと池に飛び込むので、毎朝びっくりします。去年はアカガエルを見ましたが、今年は見ていません。田んぼの田植えが終わってからは、毎日カエル(主としてアマガエル)の大合唱です。にぎやかですよ!

トノサマガエル

  この池にニホンイモリを確認しているのですが、泥の中にもぐっているので、なかなか姿を現してはくれません。写真をお見せできるときはあるのでしょうか。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード