FC2ブログ

庭の駐車場を作る作業を開始しました!!

  今日から庭の駐車場の改築に取り掛かり始めました。6~7年前に作ったので、木材がだいぶ腐ってきて、昨年秋の台風で傾いてしまいました。応急手当をしておいたのですが、この際全部作り直そうと思って、森林組合に丸太などの材料を仕入れておいたのです。下の写真を見て分かるように、それに作り方の設計がまずく、右のほうの屋根が傾いてしまっています。右のほうにもう一本の柱を立てたかったのですが、前の車が大きく(エスティマ)、柱を入れるとバックで駐車できなくなるので柱を立てなかったのです。

壊れかけた駐車場1

  お粗末な作りですが、それでも屋根は桧皮(ひわだ)葺きなのです。桧皮というのは、ヒノキの皮ですね。一番簡単なのは波板を張ることですが、それではあまりにも味気ないですし、雨のときに音が気になります。桧皮葺きであれば、見てくれもいいですし、雨の音もしません。それに、桧皮は腐りにくいのです。古い社やお堂などに使われているのは、腐りにくいからなのですね。先人の知恵はすばらしい!!

壊れかけた駐車場2

  作業は先ず、丸太をとめてあるボルト・ナットをレンチを使って取り外し、屋根ごと地面に倒します。そして、桧皮をとめてあるドウブチの釘をはずし、桧皮を取り除きます。昨日雨がたくさん降りましたので、桧皮は大量の雨水を含んでいました。そして、タルキの上に打ち付けてあるノジイタを剥がしていくのです。この作り方の失敗は、ノジイタの上に防水シートを張り付けなかったことです。わずか数年で、ノジイタの一部分はぼろぼろに腐っていました。今度は防水シートを張ろうと思います。
  ノジイタを取り外すのも大変です。大きなハンマーで下からたたき剥がすようにしていくのです。でも、小さな釘で止めていましたので楽でした。ビスで止めていたらもっと大変だったと思います。それは、タルキをを止めるのも同様です。
  ある人から聞いたのですが、物を作るときは、壊すときの手間も考えて造らなければいけない、やたらと丈夫にしようと必要以上に手をかけるのは良くない、というのです。納得ですね!! ビスで止めたほうが丈夫なのですが、それをしないで良かった!!

桧皮を剥いだところ

  下の写真は、雨水を含んだ桧皮を乾かしているとことです。腐っているところはほとんどないので、まだ使えるからです。桧皮は買えばとても高価なものです。ほんとはもっと枚数を重ねて作りたかったのですが、節約して2枚重ねです。5m×4mの面積で、2枚重ねにして、その当時3万円くらいしました。

乾かしている桧皮

  今日一日の作業で、古い駐車場の骨組みと屋根を全部取り除きました。いよいよ明日から新しい建築作業に取り掛かります。ところが、明日は雨とか! 残念!! こういう木工作業は楽しいのですが、肉体労働です。今日はとりわけ暖かい日だったので、いっぱい汗をかきました。でも、さわやかな疲れでした!! 


スポンサーサイト



コメント

凄いですね!

ブログ訪問有難うございます。
森楽さんは、車庫・薪の棚から何から何までご自分で作られて凄いですね!
また寄らさせて頂きます。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード