スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自然観察の里」、その2 

  引き続き、岡崎の「自然観察の里」の新緑の自然をご紹介しましょう。
  ここは、放棄された水田などを市民ボランティアが整備しているのですが、旧田んぼ湿地には下の写真のような木道が設置されていて、歩きやすいのです。これを整備するだけでも大変でしょうね。狭い長命湿地の整備でも大変なのですから、・・・・。

湿地の木道

  フジの木に花のつぼみが大きく膨らんでいました。もうじき開花ですね。

フジのつぼみ

  ところどころに咲いているミツバツツジのピンクの花は、とても良く目立ちます。春の風情ですね。

ミツバツツジガきれい

  下の写真のような、きれいな花が咲いていました。見たことがない花です。花の形が面白いですね。

これ何の花?

  やはり湿地なのですね。ハンノキがありました。ハンノキは湿ったところが好きな樹木ですので、湿地にはつきものの樹木です。長命湿地にもたくさん生えています。新芽が吹き出していました。

ハンノキもありました

  散っているとはいえ、ヤマザクラはまだたくさん花をつけています。きれいですね。

散り始めたヤマザクラ

  下もヤマザクラですが、花はほとんど落ちてしまい、葉だけになっています。しかし、その葉が赤いのです。とてもきれいです。

赤い葉のヤマザクラ

  去年の夏、このブログでこの里のバイカを紹介しましたが、その池に立ち寄ってみました。清流にしか生息しない淡水の藻類ですから、非常に貴重な植物です。浅い池の底にはたくさんのバイカモが繁殖していました。花の季節になったらまた訪れてみたいと思います。去年よりももっとたくさん花をつけるのではないか、と期待しています。

バイカモの池

  下の写真のような花を見ました。白い清楚な花ですね。種は分かりません。

?この花は?

  下も、種は分かりませんが、独特な姿の花ですね。

白いきれいな花


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。