スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自然体験の森」のつづきです! もう新緑が始まっている!

  岡崎の「自然体験の森」のつづきをご紹介します。
  これもびっくりです。ミツバツツジがもう咲いていたのです。こんなに早く咲くのですね。ピンクの花がきれいです。


ミツバツツジ

  と思っていたら、すぐ近くにヤマツツジも咲いていました。上のミツバツツジも、このヤマツツジも、作手でしたら5月にはいってからでないと咲かないのですよ。

ヤマツツジ

  これもびっくりです。アラカシの新芽がもう出ていたのです。アラカシの新芽は赤いのですね 岡崎は温暖なところですから、常緑のアラカシがいたるところに生えています。大きくなる樹木ですね。作手にはほとんどない樹木です。

アラカシの新芽

  ふたたびきれいなヤマザクラにいくつも出会いました。色とりどりできれいですね。

ヤマザクラ4


ヤマザクラ8


ヤマザクラ9


ヤマザクラ10

  道端にヤブツバキの花が咲いていました。これは冬に花をつけるのですね。

ヤブツバキの花

  下は、リョウブの新芽です。うすい黄緑の新芽がきれいです。

リョウブの芽吹き

  山道を降りて靴途中で、コナラの巨木が何本か切り倒されているのを見ました。近くにコナラには、下のような看板が取り付けられていました。ようやくその理由が分かりました 7,8年前、富山の地方で雑木林のコナラやミズナラの樹木が枯れる現象が報道されていましたが、2年程前には名古屋の植物園でもそれを目撃しました。カシノナガキクイムシという害虫のせいで、ナラの木が枯れるのです。ついにここにも被害が広がっていたのです。樹木の表面に接着剤を塗って害虫が体内に入るのを防いでいたのです コナラは西南日本ではもっとも個体数の多い樹木ですので、それが枯れ始めたら大変なことになります。怖いことですね。

ナラ枯れ予防の看板

  さらに帰り道、道端にスミレの群生がありました。濃い紫色の花ですので、おそらく日本固有のスミレの原種ではないかと思います。

原種スミレ?

  このように樹木の芽吹きを見てくると もうすでに新緑は始まっているのですね。作手はいつになったら新緑が始まるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。