FC2ブログ

古い写真の蔵出し その9 鳥

ルリビタキ

   古い写真の蔵出し、その9として、再び鳥を取り上げましょう。上は、ルリビタキです。だいぶ前ですが、感動したことを覚えています。ボクは、その後この鳥を見たことがありません。めったに見られない小鳥を撮影できたことが不思議なくらいです。

ジョウビタキ1

 

  上と下は、ジョウビタキです。今も、毎日のように庭にやってきて可愛い姿を見せてくれます。羽の白い斑点が見分けるコツですが、下の写真のジョウビタキは、体の色がしっかりとしていないので、幼鳥ではないかと思います。両者とも同じときに写したものですが、すぐ近くで撮影できたので、ピントがシャープです。カズラ類の実を食べに来たのでしょう。

ジョウビタキ2

  下は、散歩しているときに写したツバメです。電線に止まっているのですが、泊っているときに体をいろいろ動かして、可愛いしぐさをするのが面白いです。

ツバメ

  下は、岡崎で散歩しているときに写したコサギです。川の中の小魚を採っているのでしょう。

コサギ

  下も、岡崎を散歩しているときの写真です。家の植え込みの中に、メジロがさえずっていたのです。みぢろ色の体色がきれいですし、目の周りが白いのが可愛いですね。

メジロ

  下は、カンムリウズラという鶉の一種だそうです。図鑑にも載っていないのでしばらくは名前もわからなかったのですが、このブログの読者から、「これは、北アメリカ原産で、おそらく飼育していたものが逃げ出して野生化したのかもしれない」と教えていただきました。そういえば、ウズラに似ていますね。頭の上に真っ黒の冠があるのが面白いですね。


カンムリウズラ1


カンムリウズラ2

  同じような大きさの鳥として、下のキジバトを載せました。わが庭にしばしばやってきます。これもきれいな鳥ですね。

キジバト
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード