スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南信州の旅その1、みどり湖、下栗の里

  この4日、5日(水、木)と、一泊で南信州の旅をしてきました。たくさんの絶景写真を撮ってきましたので、3,4回に分けてご紹介します。どうしてかと言いますと、去年はHさん夫妻の案内で、南信州のしらびそ高原、大鹿村の夕立神パノラマパークなど絶景の地を楽しんできました。その素晴らしさに息をのむ思いでした。しかし、秋に行ったときはまだ紅葉が今ひとつというところでしたので、今回は時期を少し遅らせて行ってみることにしたわけです。
  また、岡崎の友人から、豊根村のみどり湖の紅葉は素晴らしいと言うことを聞いたので、先ずはそこを訪ねました。天竜川の近くで、新豊根ダムの湖がみどり湖です。下の五つの映像はその風景です。

みどり湖1

  驚いたことは、湖の水の色がホントにみどり色なのです。おそらく、ダムによって水が停滞して藻類が発生していることと、深い湖ですのでその深さによって緑色にみえるのではないかと思います。 

みどり湖2

   しかし、比較的標高が低いところですので、まだ紅葉の盛りにはなっていませんでした(山の高いところはもっと黄葉していました)。もう一つは、先の台風で植物の葉が吹き飛ばされてしまったために紅葉が鮮やかでないのだと思います。でも、水辺に写る紅葉は美しいですね。

みどり湖3

  下は、休み場周辺を写したものですが、赤く染まっているのは植えられたイロハモミジです。 

みどり湖休み場

  下の写真のように、湖の周囲の植物がきれいですね。水のある風景は美しい! 

みどり湖4

   次に行ったのは、153号線を北上し、新野から東に向かって天龍村を通り、下栗の里に行きました。すごい急な坂道をヒヤヒヤしながら登っていくと、こんな急な斜面にへばりつくように民家と畑が広がっています。そこからの南アルプス(赤石山脈)の山々がきれいでした。下の写真の左手の山は聖岳、その右は光岳ではないかと思います。南アルプスの名山ですね。去年の春に来たときは、山々は雪をいただいていましたが、今回は降雪はまだでした。小型の観光バスに乗って、たくさんの観光客が来ていました。

下栗の里から

  下は、急斜面の民家です。こんな急斜面での畑の農作業はさぞかし大変でしょうね。 

下栗の里

   そこから、しらびそ高原に登っていきましたが、途中のカラマツの森を写しました。信州に入ると、人工林はカラマツになります。北海道と信州は寒いところなので、拡大造林の時代にカラマツを植えることが政府によって奨励されたからです。カラマツは、落葉針葉樹。晩秋に黄葉して、冬には葉を落とします。その黄葉がきれいなのですね。下の写真では、まだ黄葉した葉が残っています。

黄葉のカラマツ

   しかし、下の写真のカラマツは、大分葉を落としています。青空にカラマツの黄葉は美しいですね。

カラマツの森

 

  この続きは、次回にしましょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。