スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋風の長命湿地、大分きれいになりました!

  長命湿地のその後ですが、台風の被害で奥のコナラの巨木は倒れたままですが、その他はほぼ元通りに修復しました。数日前から、ヨシを刈り、見通しを悪くしている雑木を切り払っています。 

   この季節になると、ヨシも枯れ始め、いかにも秋という風情になります。下の二つの写真のように、・・・・。生き生きとしていた夏の風情とは大きく変わり、なにやら寂しくなってきますね。枯れて倒れるヨシが多くなると、かなり見通しが良くなりました。

秋の湿地1

 

秋の湿地2

   今、最盛期なのは、ノイバラの赤い実です。下の写真のように、・・・・。湿地の中にノイバラの幅広い壁を作るほどはびこっているのです。赤い実はきれいでいいのですが、こういうのを見ると、うんざりします。刈るのが大変だからです。トゲが痛いし、刈っても運び出すのが難儀なのです。

ノイバラの実2

  下は、中央部のヨシを刈ったところです。写真のように板を渡し、湿地に足を取られないようにして刈り進めていくのですが、広いので大変な苦労です。向こう岸まできれいに刈ることができました。写真の右側にある低木は、この湿地でもっとも大きく成長したレンゲツツジです。大分紅葉していますね。

きれいに刈った湿地

   下の写真も、中央部の別の場所です。ヨシやイバラを刈って、大分広くなりました。

広くなった湿地

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。