FC2ブログ

長命湿地、植物たちの花暦(未完成)を作り始めました!

  これまでに長命湿地の樹木や草本類の花をご紹介してきましたが、4月下旬から記録を取ったデータを元に、下のような長命湿地の花暦を作ってみました。4月より前のことは分かりませんし、今後も花が咲くかもしれませんので、未完成であることをお断りしておきます。また、ボクが識別できない種もあります。何年か観察を続けながら完成に近づけていくものなのでしょう。

  年によって開花時期が早まったり遅れたりすることが当然ありますので、開花と終了の時期は、上旬、中旬、下旬と幅を持たせてあります。赤が開花期で、ピンクが実が付いている期間です。実は特に目立つものだけにとどめました。これを見れば、いつ頃、どんな花が咲いているかが分かります。開花期が記入していない種は、調べ忘れたもので、来年は調べて入れたいと思います。?は終了時期を記録し忘れたことを意味します。

長命湿地花暦 

  これを見ると、この湿地を特徴付けるレンゲツツジは、4月中旬から5月いっぱい、たくさん咲いているヤマツツジとほぼ同じ期間です。6月には、エゴノキ、イボタノキ、サワフタギ、クロミノニシゴリなど、ノハナショウブは6月下旬から7月上旬に咲きます。7月にはムラサキシキブ、ヌマトラノオ、チダケサシ、8月にはノリウツギが咲き始め、サワギキョウも長く咲き、9月いっぱい咲き続けます。花期が長いですね。10月にはいると、オモダカ、キセルアザミ、サワシロギク、サワヒヨドリが長く咲きます。

  という具合に、こういう表を作っておくと、花の観賞にはとても便利ですね。来年も観察を続けて、さらに多くの種の花暦を作ってみたいと思います。

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード