FC2ブログ

久しぶりにジョウビタキが! 竜頭山ふたたび挑戦! でも・・・・

   先日、竜頭山への林道でセンブリを採ってきたことをお話ししましたが、花が可愛いのでコップに水を入れてさしておきました。苦いかどうかを飲んで確かめたら、ものすごく苦いのです。乾かさなくても苦みは水にとけることが分かりました。布袋に入れてお湯をかけて振れば、千回飲んでも苦みが出ると言います。また、長命湿地でアミタケを採ってきましたが、昨日はみそ汁とイモニに入れて食べたらとても美味しかったです。ホントに赤紫の色になります。独特のぬめりと食感がいいですね。煮物、吸い物、野菜炒めなどにも良いそうです。

  ところで、久しぶりにわが庭にジョウビタキがやってきました。曇りであまりよく見えなかったのですが、羽に白い斑点があり、ジョウビタキと分かりました。春にはしばしばやってきていたのですが、その後ほとんど来たことがありませんでした。

ジョウビタキ

   ところで、再び竜頭山の登山に挑戦しました。山の林道の峠ふきんから山にはいるのですが、入り口に何の標識もないので、おそるおそる入りました。人工林の中を通り抜けていくと、下のような雑木林です。まだ若い雑木林のようで、巨木はほとんどありません。おそらく、皆伐してから30年も経っていないでしょう。

若い雑木林

  さらに進むと、人工林と雑木林の境にアカマツの巨木が立っていました。胸高直径が1mを超えるくらいの巨木です。しかし、太い枝の何本かが腐りかけていました。台風の影響で、それが落ちていました。

アカマツの巨木

   すぐ隣にあったのは、モミの巨木でした。その枝が地面にたくさん落ちていました。台風の風で落とされたのでしょう。

モミの巨木

   初めはカヤの木と思ったのですが、針のような葉を触るとチクチク痛いことはありませんし、臭いもしません。ですから、モミと判断したわけです。

モミの落ち枝

  そばのアカマツの枯木に、下のようなキノコが生えていました。サルノコシカケのようなキノコですね。 

サルノコシカケ?

  さらに登っていくと、人工林のスギやヒノキが数本倒れていました。間伐が行き届いた立派な人工林なのですが、台風の被害がスゴイですね。 

台風の倒木

 

  行き着いたところはこの辺りで一番高いところなので、竜頭山かと思ったのですが、何の看板もありません。前に登ったときは、山頂に立派な看板があったのです。どうもここは竜頭山の山頂ではなかったようです。もう一つ向こうの山なのかもしれませんね。時間もあまりなかったので、さらに登ることはあきらめて帰ってきました。なかなか竜頭山にたどり着けませんね。しかし、再度挑戦することにしましょう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード