スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄の沢湿地、今度は植物編!

   庄の沢湿地の続きで、植物編をお届けします。

  ウメバチソウが咲いていたのです。看板では10月中旬からの開花となっているのですが、こんなに早く咲きました。とはいってもまだわずかですが、・・・・。真っ白の小さい花は可憐です。白いつぼみが無数に見られましたので、これからが楽しみです。これも、湿地にしか見られない希少な植物です。

ウメバチソウが咲いた

 

ウメバチソウ

   ミズギクは終わりかけていました。終わった茶色っぽい花の残骸がたくさんありましたが、黄色い花が残っていました。これも湿地にしか咲かない草本で、とくにこの庄の沢湿地にはたくさん咲きます。一面に咲いたときは、さぞかしきれいだったことでしょうね。

ミズギクの最後

   春にヒメシロネの白い花がきれいだったのですが、驚いたことに下の写真のように紅葉していたのです。葉の付き方が面白いですね。対生の細長い葉が交互に直角に生え、根元に花を付けています。花は赤っぽい色をしていました。実なのでしょうか。紅葉したヒメシロネも、きれいなものですね。

紅葉したヒメシロネ

   春に白い花を付けていたヌマトラノオに実が生っていました。こんな赤い実が付くなんて、知りませんでした。一房でこれだけ実が生るのですから、すごい量の実が飛び散るのですね。

ヌマトラノオの実

  たくさん生えているノリウツギの花も終わりました。ノリウツギは花期が長く、夏の間、白い花が咲いて、湿地に点在していて美しいですが、この季節にはガクだけが残ります。それがピンク色をしていてきれいなのです。ピンクの花びらは、花弁ではなくガクなのです。 

ノリウツギのガク

  ウメモドキに赤い実がたくさん着いていました。明るい緑の葉に真っ赤な実がたくさんついている風景は、実に美しいですね。ウメモドキは山にも生えているのですが、根が水に強いために、湿地でよく目立ちます。

ウメモドキの赤い実

  湿地ではなく道ばたに、下の写真のような小さな美しい花が咲いていました。つぼみもたくさん付いています。なかなか主の同定が出来なかったのですが、ようやく図鑑で見つけました。アケボノソウです。5枚の花弁の先端部に黒紫色の斑点を、早朝の星空に見立てて名付けられたそうです。湿った沢沿いなどに生える多年生の草本です。その花の美しさに感動しました。

??

   下は、バアソブの花です。バアソブはツル植物で、花の内側の模様がおばあさんのソバカスに似ているのでその名が付いたと言われます。この季節に咲くのですね。始めて知りました。

バアソブ

   今、タラノキに花が満開です。道ばたに咲いていた花をアップして写しました。総花状の花序に、たくさんの白い花を付けます。ありふれた植物ですが、アップすると美しいですね。

タラノキの花

  

   秋の湿地の植物たちも、美しいものですね。秋を満喫した一日でした。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。