スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりで庄の沢湿地へ、新しくトンボの看板が!

   わが庭の入り口に植えたキンモクセイが咲きました。強烈な芳香が一面にただよっています。ボクのような鼻のきかない人間でさえこのように感じるのですから、植物の芳香はスゴイものですね。オレンジ色の花がきれいですね。

キンモクセイが咲いた

  久しぶりに庄の沢湿地に行きました。どんな花が咲いているのか、楽しみだったからです。ところで、新しく池の前にトンボの看板が作られていました。随分たくさんの種類がこの池の周辺にいたのですね。全部で24種類。その大部分はこれまでのブログで紹介しましたが、ボクの知らないトンボも載っていました。

庄の沢湿地の池にトンボの看板

  その中で、ボクの知らないトンボを見ることにしましょう。下のニシカワトンボなんて見たこともありません。赤い羽根がきれいです。

ニシカワトンボ

  下のクロスジギンヤンマも見たことがありません。あるいは見たことがあるのですが、写真で捉えられないので記憶に残っていないのかもしれません。 

クロスジギンヤンマ

  下のコノシメトンボは見たことがあります。前に紹介したのは、このトンボかもしれません。ノシメトンボとばかり思っていました。今、この湿地や長命湿地でも見かけた小さいトンボは、これかもしれません。

コノシメトンボ

  下のトンボは、ハラビロトンボのメスに似ています。ヨツボシトンボなんて、全く知りませんでした。これまでに紹介したトンボを、もう一度図鑑で確かめないといけませんね。

トンボnnn

   今日、この湿地で見たのは、下のトンボです。ピントが悪くてすみません。アオイトトンボと思っていましたが、違うかもしれません。 

アオイトトンボ?

  下は、ショウジョウトンボだと思います。身体全体が赤く、羽の付け根も赤い色をしていますので、間違いないと思います。 

コノシメトンボ?

 

  いろいろのトンボがいるのは嬉しいですね。こんなにたくさんの種類に出会える池は珍しいのではないでしょうか。トンボにとって、ここは楽園なのでしょうね。 

ツマグロヒョウモンのメス

   観察していたら、ツマグロヒョウモンというチョウが舞ってきました。上はメスです。オスもいました。その美しさは、驚きですね。このチョウは、温暖化の指標種で、昔の作手にはいなかったと言います。こんなところにも、地球温暖化の影響が現れているなんて、これも驚きです。

  次回は、庄の沢湿地の植物編を紹介することにしましょう。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。