FC2ブログ

鬼久保湿地とその周辺の生きものたち!

   息子たちや孫を連れて、作手の西の方にある鬼久保広場に遊びに行きました。子どもたちが遊んでいる間、鬼久保湿地に行ってみました。そこは、村によって木道などが整備され、生きものの観察にはとても良いところです。

  最初に出迎えてくれたのは、サワギキョウです。長命湿地と同じように、サワギキョウの最盛期は過ぎていましたが、たくさん美しい花を見せてくれました。

鬼久保湿地

 

サワギキョウ3

   タマガヤツリではないかと思われる植物を見ましたが、種名は確かではありません。赤褐色の穂がきれいです。

タマガヤツリ?

   下のようなトンボを見ましたが、おそらく赤とんぼの類だろうと思います。しかし、赤とんぼには種類が多くて、同定は難しいです。

トンボ???

  奥の池に行ったら、大きなトンボが水面に卵を産み付けていました。オニヤンマのようですが、身体がやや小さく模様も違いますので、他の種だと思います。 

トンボ????

  池の端に、チカラシバが生えていました。今が最盛期なのでしょう。どこにも独特の穂が輝いています。きれいですね。 

チカラシバ

   湿地周辺の山にはいろいろの樹木が生えていますが、下はハギの花が咲いたとことです。無数にピンクの花がついて、きれいです。

ハギ

  道ばたには、あまり見たことがない植物が植えられていました。イロハモミジのはを大きくしたような葉で、おそらくはカエデの類だろうと思います。 

?カエデ

  下は、カイズカイブキに実が付いているところを写しました。カイズカイブキはどこにでも植木として植えられている常緑の植物ですが、あまりにありふれた樹木なので注目してこなかったのでしょう。こんな白い実を付けるなんて、ボクは知りませんでした。糸杉のような形が、人々に好まれるのでしょう。

カイズカイブキの実

   道ばたで、下のようなきれいな昆虫を見ました。コガネムシの仲間で、オオセンチコガネではないかと思います。オオセンチコガネは、赤、ブルー、緑の色をした三種類が知られていますが、これは赤いオオセンチコガネだと思います。ボクははじめて出会いました。色がきれいですね。

コガネムシ?

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード